おひとり様の入院時の支払いはどうしているの?

おひとり様の入院時の支払いはどうしているの?

おひとり様の入院時の費用平均は?

 

おひとり様が入院した時の支払いはどうやって工面しているのでしょうか?

 

だいたい大人が入院した場合にかかる一日の入院費用は13,000円位とされています。

 

しかし、この計算式は短期入院、長期入院、色々な病状での入院金額の平均を出したものです。

 

入院したら13,000円位は一日にかかるんだなと思いがちですね。

 

生命保険の営業の人がこちらの金額を例にだし、最低でも一日1万円の補償額は必要ですと言われてすすめられるのです。

 

日本の医療保険は大体が5千円と1万円の入院費が出るような保険になっています。

 

一万円が一日におりるのでしたら安心ですが・・・

 

保険料も当然その分高くなります。

 

22、3万円が入院にかかるトータルの平均費用です。

 

これは平均入院日数19日として計算しています。

 

また、差額ベッドありの人もなしの人も全部混ざっているので、各々の怪我、入院ではここまでかからない場合も多いのです。

 

入院日数で多いのが、精神疾患やパーキンソン病、他にもありますが、意外と少ない日数で退院するのが癌でした。

 

癌は重篤な病気ですが、手術した後はそんなに長期入院はあまりありません。

 

通院で治療も出来ることもあり、入院費用も高度医療制度があるため9万円あれば何とかなります。

 

しかし、通院費用もばかにならないのです。

 

乳癌を手術をした友人は放射線や、薬代がとても高いと言っています。

 

おひとり様の入院時の費用の支払いの準備は?

 

すぐにおろせるお金があれば退院時も安心ですね。

 

数万で足りる入院もあれば一か月入院すれば数十万もかかる場合もあります。

 

でも、高額医療制度があるので一か月だったら9万円プラスアルファがすぐに用意できるのであれば安心です。

 

しかし、それが二ヶ月三カ月となると9万円×数か月・・・

 

一年間入院すれば100万円超えです。

 

長期入院を考えると現金で補うのは大変です。

 

乳がんの友人は放射線、抗がん剤治療をし二か月にまたがった入院をしてました。

 

おひとり様の入院時の支払いは突然やってきます。

 

でも、健康あっての労働、労働あってのお金ですね。

 

健康は一番大事です。

 

おひとり様 入院時の支払い,

 

二ヶ月にまたがると高額医療制度も微妙なんです。

 

月の真ん中から次の月の真ん中まで入院すると、高額医療は使えない場合は一か月例えば8万ずつかかると8万円×二ヶ月分の支払いになります。

 

月の頭から丸々一か月にかけて入院し、16万円かかったら9万円は高額医療でありますので、7万円の支払いで済みます。

 

かたやや月がまたがったために高額医療制度が使えずに16万円かかり、一か月で退院できた場合は同じ16万円でも9万円差額の7万円だけの支払いで良いのです。

 

色々考えると高額医療を利用できても出来なくてももしものすぐにおろせる自己資金は準備できるようにしておくと安心です。

 

病気別の平均日数が出ているのを参考にすると入院日数も病名によりまちまちなことがわかります。

 

病気別平均入院日数はこちら

 

高額医療制度を利用しても自己資金が何十万も必要なのがわかります。

 

そんなときのために保険を掛けておくと言う選択は賢いかもしれません。

 

ほぼ掛け捨てなので、そこをどうとらえるかによります。

 

私の場合は5千円×120日にしました。

 

友人の足の怪我で長期入院を見ていたのと、保険会社の営業マンであるファイナンシャルプランナーが骨折や怪我系は長期入院になる事が多いですと言われていましたので。

 

入院の保証額が一日1万円で通常の60日が良いのかは人それぞれの考え方だそうです。

 

生きている以上、いつ何時病気や怪我に襲われるかわかりませんね。

 

おひとり様の入院時の支払いは現金又は保険ですぐに準備が出来るようにしておきたいですね。

 

広告

関連ページ

おひとり様が病気になって困らない為にはどういう準備が必要なのか?
おひとり様が病気になった時色々と大変な問題も出てきますね。 少しでもそういった時にあわてないように準備をしておくと安心できます。 そのためにはどういったことを準備して心得ておけばよいのかを考えようと思います。
おひとり様が入っておくべきタイプの保険はどんなもの?
おひとり様が入っておくべき保険の種類は? 配偶者や子供がいる場合の保険と、おひとり様が入る保険は内容は違います。 おひとり様だからこそ必要な保険を入っておくべきですね。 自分がもしもの時には困る人がいるかどうか。 もしいないのであれば必要最小限の保険額でも良いのかもしれません。 昔の保険そのままで大丈夫かどうか、今のご時世に合った保険であるか等見直しもその時々で必要ですね。
おひとり様が入院するときの保証人は?誰にも頼ることが出来ない場合等
おひとり様が病気になった時入院時の保証人は? 身内も近くにいなかったら・・・ 友人にもお願いできそうな人がいない場合など、究極はどうしたら良いのでしょう、 もしものことがある前に頼める人を探しておきましょう。 お金を出せばお世話をしてくれる人がいます。 保証人については記事をお読みください。
おひとり様、自分の葬儀とお墓はどうしたら良いの?
おひとり様が病気になった時、そばに誰もいなかったら生活していくのに大変です。 急病の場合、電話連絡さえままならないこともあります。 長期の病気療養の時のことも考えていき万事に備えた方が良いですね。 入院するときの準備もすぐに出せるように、もしものことがあった場合の連絡先もわかるようにしておいたり、誰かに託すこともおひとり様にとっては必要かもしれません。
おひとり様に相続人がいなかった場合の財産管理と行方が知りたい
おひとり様に身内がいなかった場合の財産はどうしたら良いのか? 身内、相続人がいないと思っていても実は戸籍を調べたら相続人がいる場合もあります。 もし、誰もいない場合はお世話になった人、親身になってくれていた人に財産を渡すことも出来ます。 そういった人がいない場合はどこかの団体に寄付をすることも出来ます。 誰も相続する人がいなかった場合はおひとり様の財産の行方は国の財産になると言う事になります。
おひとり様が癌になったら?仕事やお金や生活はどうしたらよいのか。
おひとり様がもしも癌になったら? 仕事を続けて行けるだろうか? 入院時の保証人や、入院時の世話、費用なども審判ですね。 誰にも頼る事の出来ないおひとり様もたくさんいます。 親はいても心配させるから一人で病気と立ち向かっている人もいます。 癌にもしもなった場合の事を考えて色々と知識を入れておきたいことがたくさんあります。
おひとり様の入院時の費用の準備は大丈夫ですか?
おひとり様が病気や怪我で入院することになった時の費用は準備は出来てますか? 入院するときは保証金が最初に必要です。 また、長期入院であっても、途中途中で入院費の精算は請求されます。 入院するためのお金とは最低限の入院費の他にも雑費が意外とかかるものです。 怪我や入院は突然やってくる場合があります。 そんな場合に備えてすぐに用意できるお金の準備はしていますか?
おひとり様が癌と告知されたら?!まずはどうしたら良いのか
おひとり様がもしも突然癌を告知されたら? 精神的ショックははかりきれないものです。 二人に一人はいつかはがんになる恐れもあります。 おひとり様だからこそ重篤な病気になった時のメンタルは強くしておかないと免疫がやられてしまいます。 もし、癌やそれ以外の難病や治りにくい病名を告げられた時、どういった心を保っていたら良いかを考えてい考と思います。
おひとり様退院するときひとりの場合はどうしたら良いの?
おひとり様はがもし入院した時、誰もお迎えにも来てくれない状態で退院することになったら一人で速やかに退院をするのでしょうか? おひとり様の退院時も一人なのでしょうか? 短期の入院なら気にならないけど長期の入院の場合は病院に置いてある荷物もたくさんありそうです。 誰か迎えに来る人がいないと病み上がりの身体にとってはきつい場合もありますね。 そういった時は誰に頼れば良いのでしょうか?
慢性疲労症候群で仕事をやめたい場合おひとり様はどうしたら良いの?
慢性疲労症候群で悩んでいるおひとり様もたくさんいます。 寝ても休んでも疲れが取れない場合は慢性疲労症候群かもしれません。 ひどくなったら慢性疲労症候群の診断も可能ですので、障害年金ももらえる場合もあります。
頭痛に効く飲み物はコーヒーとココアと〇〇でスッキリ!
頭痛で悩んんでいる方は4人にひとり。 私は30年来の頭痛もちですが、いろいろ試した結果病院でもらう頭痛改善薬はまだ外せませんが、毎日の水をマグネシウムたっぷりの「水」に変えるだけで実感できたことが何より嬉しかったです。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活