おひとり様、自分のための民間の保険会社の介護保険はどんなのがあるの?

おひとり様、自分のための民間の保険会社の介護保険はどんなのがあるの?

おひとり様にとって国の介護保険だけでは足りないのか?

 

これから老後のことを考えて民間介護保険の事も視野に入れている人もきっと多くなっていると思います。

 

公的の介護保険を使っても十分何とかやっていけるのではないのか?

 

色々考えますが、保障は多い方が良いですね。

 

国の介護保険を使っても要支援から利用は出来ます。

 

また、もしも要介護になってもそれなりの介護は受けられます。

 

自分で介護の量を決める事が出来ます。

 

あまりお金を使いたくない、そんなに介護でお金は使えない・・・

 

介護してもらいたくても、お金がかかるので最低限しか頼らないお年寄りもいます。

 

まして、自分の年金で介護の分を捻出するのですから、出来ればあまりお金は出したくないと言うところではないでしょうか?

 

それでも、やはり介護が必要になった時には国の介護に頼ると言う事は仕方ないのです。

 

要支援でしたら一割負担で大体5,6千円の負担になりますが、要介護になってデイサービスを週に何回か使ってお風呂にも入れてもらって・・・

 

おひとり様 介護保険,民間の介護保険,

 

一割、二割の負担金でもそこそこお金はかかりますね。

 

その時のために貯金を十分してあるのなら、公的の介護だけで大丈夫ではないでしょうか?

 

民間の介護保険は何のため?

 

おひとり様は国の介護保険の中では事足りないのかどうかと言う点ですが・・・

 

民間の介護保険に入ると言う事は、介護を手厚くではなく介護状態の時にお金が下りるかどうかの保険なのです。

 

介護保険と言う名前がついているので、介護を手厚くしてくれる保険?そんなイメージがあります。

 

そうではなくて、ある一定の介護状態になったら一時金がもらえたり年金のように亡くなるまで名目上介護のためのお金が出ると言うものなのです。

 

保険で言えば、余命宣告されたらら毎月保険会社から一定のお金が下りると言う事と似ています。

 

一時金又は毎月保険がでますが、一定の介護状態になりそうもない・・・

 

保険金を解約したいなと思ったら今までかけてきたお金の6割ほどしか戻ってこなかったり・・・

 

民間の介護保険に入るとリスクが出てくる人もあると言う事になります。

 

もちろん、介護保険に入っていて良かった!

 

と言う人も出てきますから、こればっかりはわからないのです。

 

民間の介護保険のタイプ

 

〇介護保険であるが貯蓄型の要素が強い、介護年金に移行できるもの

 

〇介護条件が厳しい、高い保険料、介護条件が厳しい、緩い

 

〇独自の基準で判断される場合と公的なものとの連動する保険のタイプがある

 

とにかく最近は色々な介護保険が民間保険会社から出ていますので、ファイナンシャルプランナーに相談をして自分に合った保険、又は一時金のタイプか年金のように毎月おりるタイプにするのか相談しながら決定するのが良いですね。

 

保険会社によっても、要支援で保険がおりるものはまだ良いですが、要介護4位にならないとおりない保険もあります。

 

しかし、その場合の出る保険料は満足のいくものだったりするのでどこに視点を置くかが大事ですね。

 

何も条件の厳しい介護保険に改めて入らなくても老後のための個人年金をかけておいほうが良いような気もします。

 

民間の個人年金だったら無条件に誰にでも一定の年齢になったらお金が出るわけですから。

 

どちらにしてもお金はあった方が介護の負担金も気にしなく受けることが出来ますので、気が付いたときに老後のための貯金をしておくのは必須なようです。

 

かなり介護状態が良くない場合に出る保険は本当の意味での介護保険なのです。。

 

おひとり様は自分のための民間会社の介護保険に入るかどうか人それぞれと言うところですね。

広告

関連ページ

おひとり様、自分の介護は大丈夫?お金の他に準備は?
おひとり様が自分の老後に介護が必要になった時どんなことが大切なのでしょうか? 仕事をつづけながらの親の介護を出来る環境が作れると良いですね。 おひとり様尚老後になった時に自分の介護で心配が内容に今のうちから考えていく必要があります。
おひとり様の老後は民間の介護保険に入っておく必要はあるの?
おひとり様が老後、公的の介護保険だけで安心できるのか考えてみました。 民間の季語保険もありますが、色々な条件もあり、せっかく民間の介護保険に入ってもいざ老後に使おうとおもっても使えない場合もあるのです。 せっかく介護保険をはらっていてもその保険の条件に満たない場合は払い損? 介護にかかるお金の心配があるのなら民間の介護保険と貯金そしておくのとどっちが良いのでしょうか?
おひとり様の終活準備にやっておきたいこと
未亡人やおひとり様が自分の終活準備にやっておきたいことは何があるのかをまとめてみました。 元気なうちに終活の事を少しずつ考えていくことは今の時代は必要になってきています。 自分以外の誰かにすべてを託すことが出来るか否か、お金のことやライフプランまで終活に対する知識を持っていたいですね。
おひとり様の葬儀と、知っておきたい死後事務委任契約のこと
おひとり様は自分の葬儀はどうしますか? もしも字bんの葬儀を仕切ってくれるような人がいない場合は代わりに喪主になってやってくれる制度があります。 その他、もしものことがあったら家賃がある場合などの手続きや他の役所手続きも代行してもらえます。死後事務委任契約と言う制度を使って安心しておきたいですね。 また手続きだけなら公証役場でも出来ます。 自分の最期は滞りなくすすむように知っておきたい知識をまとめました。 親の介護の心配だけではなく、自分の介護の事も視野に入れて行かなくてはなりません。 おひとり様が50代、60代、70代でも親の介護をしながら暮らしているおひとり様の苦悩など介護問題は待ったなしで生活にのしかかってきます。 老老介護問題もあり、少しでも若いうちから自分と親の介護の行く末を案じ準備していくことが必要ですね。
おひとり様が孤独死にならないために今から考えて置く事
おひとり様は孤独死と孤立死を避けたいと思う人がほとんどだと思います、 しかし、実際は孤独死が減らないのです。 仕方ない場合もあるのかもしれません。 でも、孤独死は今まで生きていた尊厳がどこかに消えてしまうほどはかないものです。 孤立もしない状況を作っておかないと寂しい一人死を迎えてしまいます。 そのためには何とか工夫を考えて置いた方が自分のためにも良さそうです。
親の介護費用誰がお金を払うの?平均はいくらかかる!?
老後になると介護が必要となってくることが多いですね。 90歳を過ぎてもなお元気なお年寄りもいます。 もし、親が介護が必要になったらいくらくらいかかるのか、平均はどのくらいなのか調べてみました。 また、数百万円かかる介護のお金は親が準備してあるのもきになります。
親の介護に備えたいのは介護保険の他には何が必要?
親の介護は切実ですね。 昨日まで元気だったのが、急に介護が必要になってきたりもします。 骨折をきっかけに寝たきりになる事もあります。 そうなったらいきなり介護5になることも! そうなる前に必要な事はあるのか、国の介護保険以外に必要なのは?
親の介護で兄弟不仲になった例、退職した例
親の介護で兄弟、姉妹の仲が悪くなる場合は多々あるようです。 そこには同居しているしていない、親の近くに住んでいる、住んでいないと言う物理的な状態により介護が不公平になるといったことがあります。 そういった場合はどうやって解決をしたら良いのか、相続財産に差が出てくるのかと色々ともめる材料も出てきますね。 もめることなく親の介護をしていくには?
親の介護は誰が見る?介護にかかる諸費用の金額はいくらかかるの?
親の介護は誰が見るの? 当然、子供と思いますよね。 中には孫が見ていると言う家庭もあります。 見れる人が介護をするのが良いと思うのですが、そこに不満や不公平が出たら介護している人の精神状態もよくはありません。 諸費用もどれくらいかかるのか、親は自分の介護資金を出せるのか、子供世代はどこまで負担しなくてはならないのか、老人ホームに入る選択も視野に入れておく必要もあるようです。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活