おひとり様が老後になった時のおススメのホームは?

おひとり様が老後になった時のおススメのホームは?

おひとり様が老人ホームに入る時

 

おひとり様は将来老後を迎えたらずっと一人暮らしが出来なくなる時が来るかもしれません。

 

どこか体にガタが来たとき、一人で生活が出来なくなったとき、介護状態になった時。

 

いつまでも自由に一人暮らしを楽しみたいのはやまやまでも、人間いつかは老後を迎えます。

 

その時を考えて老後の心の準備もしておいた方が良いのです。

 

そこで、おひとり様が老後になった時のおススメのホームのあれこれを考えてみました。

 

老人ホームなんてまだまだ!

 

そう思いたいですが、50代になったらそろそろ老い支度をしましょうなんてネットに書いてあるのを見てはたと気が付きました。

 

そういえば、人と会ってランチする時、カフェに入った時、今まではファッションや美味しい食べ物の話をしていたのに、最近は胴調子は?

 

みたいな?

 

太っちゃってさ、血圧の薬飲みだしたわよ!

 

風邪が治りにくいのは年取った証拠だね。

 

しわ、しみ増えた、体脂肪増えた、バーゲンやウィンドウショッピングも疲れる!

 

そんな日常的に少しずつ老いを感じる話も増えてきました。

 

もう少しすると、今いくつ病院通ってるの?

 

薬は何種類飲んでるの?

 

親は健在?

 

足の痛みはない?

 

おひとり様 老後,おひとり様 老人ホーム,一人暮らし 老人ホーム

 

そんな会話になって来そうです。

 

そこでおひとり様の老後が心配ですね。

 

いよいよになったらおひとり様も老人ホームや、グループホームに入る時が来るかもしれません。

 

おひとり様が老後をむかえた時その人に合ったのおススメのホームに入ろう!

 

おひとり様が老人ホームに入る時がやってきたら、色々と調べたり、情報収集をします。

 

家から近いところ、誰か身内の近いところ、便利なところ・・・

 

そんな感じでいくつか自分に合ったホームを探します。

 

まずは場所からではないでしょうか?

 

今まで住んでいるところの近くにホームがあったらなじみの町に居続けるのだから安心ですね。

 

また、雰囲気も大切。

 

陰気くさいところは嫌ですね!

 

そして、ホームの種類もたくさんあります。

 

生活、および介護すべてを見てくれる介護付有料老人ホームや、自治体が運営している福祉団体で、比較的安価で入れる軽費老人ホーム等。

 

またディーサービスをしてくれる宅老所のようなグループホームのお泊りや国でやっている特別養護老人ホーム等。

 

どういったところに入居したいか?

 

一時入居で住むのならグループホームや宅老所も気分転換するには良いですね。

 

でも、介護が必要になってきたらそうはいきません。

 

おひとり様が老人ホームに入る準備

 

おひとり様が老後になって老人ホームに急に入らなければならなくなったらあたふたしますね。

 

でも、もし認知症などを併発していたら!

 

おひとり様が将来年をとってきたときには老人ホームに入るかも知れないと思ったら、今からある程度は老人ホームの事を調べておくと良いですね。

 

どんなホームがあるのか、どんな事をしてくれるのか。

 

一番大事なのはどれくらいの費用がかかるのか!

 

満足のいく老人ホームに入ろうとするならば、それなりに高い入居費が必要です。

 

特別養護老人ホームは安いので、数百人待ちは当たり前だったりします。

 

それでも、13万以上はかかります。

 

もっと良いところに入りたいとなると・・・

 

全てはおひとり様がホームに払えるお金次第です。

 

民間の老人ホームでも有名なところはいくつかありますね。

 

まだホームのことなんて何も考えない私でも耳になじみのある老人ホームの名前は覚えていますね。

 

宣伝力が強い老人ホームはそれだけお年寄りが安心して入居するのだと思います。

 

サービスも素晴らしい。

 

もちろん、外観や部屋の中や設備に至るまで素敵です。

 

でも、ぶったまげる程入居するためのお金が高いのです。

 

ぶったまげるのは私だけかもしれませんが・・・

 

もともと、資産があったり賃貸でアパートなどを貸してる人は強いです。

 

入ってくる家賃でホームに入れますもの。

 

そうじゃない場合は特別養護老人ホームを希望する場合が多いのです。

 

やっぱり安いに越したことはありませんもの。

 

今まで住んでいた家を売ってホームに入る人もいます。

 

そうすると数千万円が自分の老後に使えますね。

 

そうすることによって、ホームにはいる為の一時金を支払えるのです。

 

最初の一時金はあるホームとないホームがあります。

 

それでも、今までの資産をそういったところに使えるのであれば安心した老後を迎えることが出来ますね。

 

おひとり様は貯金力が大切です。

 

一時金、あってもなくてもそこそこの介護付有料老人ホームは27、8万円かかります。

 

まとまったお金がなくても昔の年金だったらそのまま年金を支払いに回せます。

 

高齢者向け住宅に入っている高齢者も特別養護老人ホームが希望だった人も多いと思います。

 

特養は安い、人気、待っている高齢者が多い。

 

そんな理由で高いけど、貯金を崩して高齢者向け住宅に入っている人も多いのです。

 

おひとり様が老後になった時に入るおススメのホームはと言うと、もちろん設備が整って至れり尽くせりのホームです。

 

そのためにはお金!

 

頑張って働けば素敵なホームに入る事も出来ると思います。

広告

関連ページ

おひとり様の老後は一人暮らしの方が良い理由は?
おひとり様が老後を迎えた時、一人暮らしをするかホームに入るかそのほかいくつかの選択があると思います。 どちらが良いのか、メリットとデメリット、老後を過ごすまでの準備や心構えなどに触れています。
おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットは?
未亡人やおひとり様が老後に一人暮らしではなく、複数の人が住むグループホーム、又は老人ホームに入った方が良いとされるメリットなどを書きました。 将来のおひとり様の老後のホームに入ることのメリットに触れています。
おひとり様の老後はずっとひとりで暮らせるのか?
おひとり様は将来老後になった時もずっと一人で安心な生活を送ることが出来るでしょうか? おひとり様が必要なのはお金の他には? 保険は? 家族を持たないおひとり様におすすめの保険もあります。 ファイナンシャルプランナーに相談をし、入っておくべき保険に加入したら安心ですね。 おひとり様が老後になっても一人でずっと暮らせるよう今のうちから何らかの対策を練っておくと良いですね。
おひとり様が老後一人暮らしを続けるためには?
未亡人やおひとり様が老後、一人暮らしを続けるためにはどんなことに注意をしていれば良いのか? 老後を将来迎えるために今からやっておくこと、お金や生活の準備などの心構えなどに触れています。
おひとり様、一人暮らしとホームはどっちがお金かかる?お得?
おひとり様が老後になった時、一人暮らしをするのと老人ホームとではどっちが安く済むのか考えてみました。 一人暮らしもその人の環境に応じて家賃発生するかどうか、老後になった時退職金で老人ホームの初期費用を賄う事ができるのかどうか、そのあたりで余裕のある暮らし方と貧乏老後に別れそうです。
おひとり様が老後でシェアハウスを借りる事はおススメ?
おひとり様が将来老後に限らずシェアハウスを借りると言う事はおススメなのか、メリットとデメリットも含め調べてみました。 若い女性もシェアハウスを借りることが多くなった昨今、共同生活をすることの注意点などに触れてみました。
おひとり様老後にホームに入ると言う事はどんな理由から?
おひとり様が老後になった時、ホームに入る理由はどんなことからなのでしょう。 一人暮らしをしたいと思ってもいつかはホームに入る時があります。どういった理由になるとホームに入ることになるのでしょうか?
おひとり様の老後、特養と民間ホームの違いをわかっておこう!
おひとり様が将来老後を迎えた時に入るかもしれないホームの事について書いています。 特別養護老人ホームと民間老人ホームの違い等知っておきたい良い情報を書いています。
おひとり様、いつまで一人暮らしが出来るのか考えておこう。
おひとり様が一人暮らしを続けて行けるのはいつまでなのか考えてみました。 老後になって一人暮らしが出来なくなる原因などを考え、出来るだけ一人暮らしを続けて行けるにはどうしたら良いかなど情報を書きだしました。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活