おひとり様、友だちを増やす生活のおススメ

おひとり様、友だちを増やす生活のおススメ

おひとり様の友だちはどんな友だち?

 

学生時代からの友だちと言うのは誰にもいるはずなのですが、環境が違ってくるとだんだんと距離が開いてしまいますね。

 

どうしても話の内容が重ならない場合が多いのです。

 

家族の話をされても・・・

 

子供の話をされても・・・

 

うちの主人はねぇ・・・とすぐに何でもうちの主人を出してくる人。

 

なんで、うちの主人?

 

妻はご主人様に飼われているのか?

 

夫が生前のころも私は特別なこと以外には「うちの主人」と言う言葉を使いませんでした。

 

なんだか、引っかかる。

 

女性が下と言うイメージに聞こえる。

 

私は「うちの夫が」と言っていました。

 

うちの主人がこういっているので、???・・・自分で決めろよ!

 

と、何回思ったことか。

 

話はそれましたが、そんなわけで夫婦は一つの塊なのです。

 

ですので、おひとり様は同じ環境のお友達を作るべし。

 

普通に家族がいる人にはわからない話もありますし、言ってもしょうがないかと思います。

 

同じ環境の友だちも数人作ると良いですね。

 

私は未亡人の友だちや離婚後一人の友だちが数人います。

 

なぜか学生時代の友だちはバツイチになった人が多い。

 

共通しているところはみんな美人。

 

そして、夫に三下り半を付けた。

 

夫がDVだったり、内緒であとからあとから借金を作ったり。

 

そんな夫だったらもう一緒にいる意味はないですね。

 

仕方なく借金が出来てしまった場合は話の内容次第ですが・・・

 

夫がいる人といない人との話で一番食い違う内容

 

それは経済的な事。

 

夫に任せっぱなしの経済で、何にも心配のない主婦の人と話をしても話はずれまくりです。

 

と言いますか、「主人が考えてくれているから私にはわからないし、主人のお給料でうちは何とかなるし。一人は大変よねぇ」

 

なんて言われた日には、あぁ、言わなきゃよかった!

 

そんなもんです。

 

ですので、同じおひとり様で一人で頑張って稼いで働いて生活している人と友だちになりましょう。

 

おひとり様、友だちを増やす生活のおススメ

 

もちろん、自分と違う環境の友人も必要ですが、同じおひとり様の友人は一人でもいた方が良いです。

 

出来れば3人くらいいると楽しいです。

 

全くそういった友達がいないと、メンタル的にきついですから。

 

たとえば、みんな結婚している。私だけ一人。

 

そのように殻にこもりがちです。

 

地域コミュニテイや、シングルパーティに出かけて同性の友人を是非つくることをおススメします。

 

ネットで探すとけっこうシングル向けのコミュニティがあるのです。

 

シングル女性だけの仲間だったり、シングル同志男女関係なく楽しもうと言ったコミュニティもあります。

 

出来たら自分の住まいと近い人、そして年齢も近い人の方が話もしやすいのです。

 

おひとり様、友だちを増やす生活は是非是非おススメします。

広告

関連ページ

おひとり様の経済と資産力はどの程度なの?
未亡人やおひとり様の気になる経済力は? 一人で食べていくことが出来る方法やそれまでの経済力などおひとり様一人一人の環境によって違う経済の事を書きとめてみました。
おひとり様熟年世代の経済と生活は?
未亡人やおひとり様の熟年世代について調べました。 熟年世代と言うと中年から老年期までを言うのですが、パートナーがいる場合の熟年世代とは色々な面で異なりますね。 熟年世代と言う事はある程度資産形成も出来ている人もいます。 熟年世代のおひとり様の生活に焦点を向けて考えてみました。
未亡人のおひとり様、遺族年金非課税と貯金について
未亡人の遺族年金に対しての非課税について解説しています。 なぜ、未亡人のい奥年金は非課税なのか? そして未亡人は遺族年金で生活と貯金は出来るのでしょうか? 未亡人の平均遺族年金額はいくら位なのでしょうか? そのあたりを調べてみることにしました。 おひとり様の経済はどう言う過程で作っているのか、どの程度あるのか気になりますね。 どうやって毎日を食べているのか、色々な状況においての経済がおひとり様にはあります。 そのあたりを調べてみました。
未亡人遺族年金あれば働かない?食べて行けるのか?
未亡人は働かないで生活していくことが出来るの? 未亡人になった時、私にはいったいどのくらいの遺族年金がでるのかと金額が出されるまで不安感がありました。 どれくらいの遺族年金が出れば働かずに済むのかを考えてみました。
おひとり様、生活苦にならないようにするには生活費どうやって工夫する?
未亡人やおひとり様は自分で稼いで食べていくしかないですね。 どのように生活費を捻出しているのか? その中でどのくらい生活費として使っているのか、光熱費、交際費、食費などおひとり様の平均生活費はどのくらいなのでしょうか。 また、おひとり様が自分に使えるお小遣いとはいくら位なのか、どんな内容がお小遣いになるのか? 化粧品、日用品、洋服などのファッションにかけるお金のことも考えてみることにします。
おひとり様の老後はファンクルで外食を半額にして節約しよう?
未亡人やおひとり大切な老後のことについて。 老後の準備はどうやってやったらよいのか。 いくら位おひとり様の老後準備金が必要になるのか。 老後は年金だけで食べて行けるのだろうか? 節約と楽しみは外食を半額にするファンクルを活用しましょ。
未亡人は再婚しないで一人で生活していった方が良いの?
未亡人は再婚する人が少ないと言われています。 その理由はその結婚に対しての経済的なかけもあるからです。 遺族年金をもらっている未亡人は再婚してしまったら、その再婚によって遺族年金がなくなってしまう。 その後もしも離婚になった場合のリスクなどを考えると未亡人の再婚はかなり慎重に考えて行動することが大切です。
おひとり様が経済力をつけて働いてもたかが知れてる?
おひとり様の経済はどの程度なのか気になりますね。 少なくとも一人で自活して生活していくだけの経済力はあります。 おひとり様はどういった形態で働いているのでしょうか? 収入は満足のいくものなのか? 福利厚生、退職金力はちゃんと出るところで働いているのか調べてみました。
おひとり様の生活は風水を取り入れたり、インテリアを楽しむ事も大事
未亡人やおひとり様の部屋の雰囲気も大切です。 仕事から帰ってきたときにホッとするような気持ちになりたいですよね。 風水的にも少しだけ取り入れて! 難しい風水は大変ですが、簡単にできる風水なら取り入れられそうです。 また、おひとり様の暮らしの中のインテリアも毎日の事なのでスッキリとした気持ちになれるようなインテリアで住まいたいですね。
おひとり様の節約術
おひとり様だからこそ節約はしやすいですね。 まずは固定費の節約、食費の節約から。 見直しをしてみると数万円が節約できてその分貯金も出来そうですよ。
遺族年金が少なくて生活できない場合は?
夫が亡くなって、遺族年金がもらえるけどその額はかなり少なくて生活が出来なくて辛いと言った話を聞きます。 いつどこでどうなるかわからないので、夫には保険を掛けておいた方が安心なのです。 保険を掛けると言うことは妻への愛でもあります。 遺族年金が少なくて生活できない事にならないよう、対策を考えておく必要はあります。
貧乏おひとり様お金の使い方
貧乏おひとり様のお金の使い方は? お金が貯まるおひとり様はお金の使い方をカチカチにして、貧乏のおひとり様のごとくお金をあまり使いません。 将来貧乏おひとり様にならない為のお金の使い方なのですよね。
家庭内別居と離婚どっちが良いの?
家庭内別居と離婚どっちが良いのか悩んでいる人も多いのです。仮面夫婦は意外といるものかもしれません。実は夫婦仲はとっくに壊れている場合など、本当に別居ではなく家庭内別居をしている夫婦も意外とたくさんいます。壊れた家庭なら家庭内別居よりも離婚した方が良いの?今後の人生を考えるとどっちが良いのでしょうか?
独身女性、老後の準備次第で貧乏と金持ちに分かれる
独身女性は老後の生活費も一人で貯めて行かなくてはなりませんね。早く準備すればその分貯まりますし、あとが楽です。平均11万円強の独身女性の年金をいかに増やしていくことが出来るのか!具体的な数字を出して計算してみました。
独身女性家計の見直しで貧乏脱出
独身女性も家計の見直しを!結婚している人と違って誰にも言われないので、湯水のようにお金を使ていると、老後が大変です。食費、光熱費、保険の見直しもして節約出来る部分を早めに見つけ出すと良いですね。貧乏脱出は家計や保険の見直しからです。
友達のいないおひとり様の孤独はどうやって耐えたらいいの?
友達のいないおひとり様でもふと、孤独感を感じることはありますよね。そんな孤独感はどうやって耐えたら良いのか?そこまで孤独が耐える程のものなら友人を作ってみるのも一つです。あまりべったりしている間柄ではなくて、会いたいときに会えるような友達も老後のために少しずつ作る準備をしておくのも良いかもしれませんよ。
離婚のあとにローンが残ってる家を売りたい場合
結婚してから家を買い離婚した場合は色々と大変です。住まいはまだローンがあるし、今までの住まいに妻が住むとしたら?ローンは夫が払ってくれるから安心?そうでもないのです。一番良いのは多少安くなっても離婚時点で売ってしまう事かもしれません。
おひとり様同士の付き合いと本音
ある50代女性のおひとり様の友人との付き合いと本音を書いています。おひとり様と言う環境は主婦とはやはり考えも違います。夫や子供自慢をする主婦は好きではない、と言う気持ちは大いにあります。また一緒にお付き合いをする友人も必然と独身やおひとり様で一人暮らしをしている人の方が多くなりますね。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活