親の介護は誰が見る?介護にかかる諸費用の金額はいくらかかるの?

親の介護は誰が見る?介護にかかる諸費用の金額はいくらかかるの?

親の介護は誰が見る?

 

親が老後に介護が必要になった時、介護は誰が見るのか

 

ずっと一人暮らしだった親が突然寝たきりになったらどうするのか?

 

色々と問題に直面するときも出て来ると思います。

 

人それぞれ家庭により、介護問題は様々。

 

中には孫がおじいちゃんだったり、おばあちゃんの面倒を見ている場合もあります。

 

見れそうな人が見る?

 

しわ寄せが一人に行かないように解決できることはお金で解決する。

 

親の下の世話はどうする?

 

まだ、親の介護問題に直面していない人にアンケートをした結果です。

 

父親の下の世話は絶対に死んでもいやだ!

 

大半の答えでした。

 

親も嫌だと思うとのこと。

 

ヘルパーに出来るだけ頼むことになりますが・・・そうはいかないことも。

 

ちなみに私も母親であっても父親であってもちょっと難しい。

 

全くの他人だったら出来ると思いますが・・・

 

微妙で触れたくない内容ですね。

 

いざとなったら何でもやるしかない時にはきっとやるのでしょうね。

 

介護にかかる諸費用

 

基本的に介護度によって違います。

 

要支援から重度の要介護までは5千円~4万円弱

 

それ以上は1割ではすまなくなくなってきます。

 

実際には10万円位かかると言われていますが、10万円介護に出せる人ってどのくらいいるのか?

 

在宅介護でこれくらいの金額ですが、老人ホームはもっとかかりますね。

 

介護費用にかかった分の一割のお金以外に必要になるものは?

 

親の介護は誰が見る?介護にかかる諸費用の金額はいくらかかるの?

 

その他の費用

 

〇病院の通院代

 

〇病院までの交通費

 

〇介護用ベッド等の介護製品のレンタル代

 

〇必要な人にはおむつ

 

〇家のリフォームはやるかやらないかで0~300万円も差が出ます。

 

〇時には入院することも

 

〇介護する人の交通費

 

大体平均すると介護では300万円以上と言われていますが、かけられない人は本当に介護に必要な分だけかけていると思います。

 

思いっきり、バリアフリーにする人は1000万円にもなります。

 

部分的にリフォームした人がとても多いですね。

 

でも、寝たきり状態になってしまったら、今更バリアフリーにしてもしょうがありませんね。

 

出来るだけお金を使わないように、穏やかに毎日が過ぎていければ良いのかもしれません。

 

その後の葬儀の方でもお金がかかってきますので、あまり先が見えない場合はお金を思いっきり使ってしまうのは後で大変なことになります。

 

リフォームをローンで組み返済している人もいます。

 

要支援又は軽い要介護位ならリフォームをしても良いですが・・・

 

また、老人ホームに入るかどうか本人の意思も聞いてみて、みんながそれが幸せであるのなら在宅介護ばかりに頼らなくても良いと思います。

 

これまた問題なのが、介護状態が重度になってしまうと入れない老人ホームもあります。

 

その時々で考えるしかないのかもしれません。

広告

関連ページ

おひとり様、自分の介護は大丈夫?お金の他に準備は?
おひとり様が自分の老後に介護が必要になった時どんなことが大切なのでしょうか? 仕事をつづけながらの親の介護を出来る環境が作れると良いですね。 おひとり様尚老後になった時に自分の介護で心配が内容に今のうちから考えていく必要があります。
おひとり様の老後は民間の介護保険に入っておく必要はあるの?
おひとり様が老後、公的の介護保険だけで安心できるのか考えてみました。 民間の季語保険もありますが、色々な条件もあり、せっかく民間の介護保険に入ってもいざ老後に使おうとおもっても使えない場合もあるのです。 せっかく介護保険をはらっていてもその保険の条件に満たない場合は払い損? 介護にかかるお金の心配があるのなら民間の介護保険と貯金そしておくのとどっちが良いのでしょうか?
おひとり様の終活準備にやっておきたいこと
未亡人やおひとり様が自分の終活準備にやっておきたいことは何があるのかをまとめてみました。 元気なうちに終活の事を少しずつ考えていくことは今の時代は必要になってきています。 自分以外の誰かにすべてを託すことが出来るか否か、お金のことやライフプランまで終活に対する知識を持っていたいですね。
おひとり様の葬儀と、知っておきたい死後事務委任契約のこと
おひとり様は自分の葬儀はどうしますか? もしも字bんの葬儀を仕切ってくれるような人がいない場合は代わりに喪主になってやってくれる制度があります。 その他、もしものことがあったら家賃がある場合などの手続きや他の役所手続きも代行してもらえます。死後事務委任契約と言う制度を使って安心しておきたいですね。 また手続きだけなら公証役場でも出来ます。 自分の最期は滞りなくすすむように知っておきたい知識をまとめました。 親の介護の心配だけではなく、自分の介護の事も視野に入れて行かなくてはなりません。 おひとり様が50代、60代、70代でも親の介護をしながら暮らしているおひとり様の苦悩など介護問題は待ったなしで生活にのしかかってきます。 老老介護問題もあり、少しでも若いうちから自分と親の介護の行く末を案じ準備していくことが必要ですね。
おひとり様が孤独死にならないために今から考えて置く事
おひとり様は孤独死と孤立死を避けたいと思う人がほとんどだと思います、 しかし、実際は孤独死が減らないのです。 仕方ない場合もあるのかもしれません。 でも、孤独死は今まで生きていた尊厳がどこかに消えてしまうほどはかないものです。 孤立もしない状況を作っておかないと寂しい一人死を迎えてしまいます。 そのためには何とか工夫を考えて置いた方が自分のためにも良さそうです。
おひとり様、自分のための民間の保険会社の介護保険はどんなのがあるの?
おひとり様は自分の老後のために民間の介護保険をかけておいた方が良いの? 公的介護保険で補えない分、各保険会社の介護保険に頼った方が良いのか考えてみました。 条件が色々、タイプも色々ある民間介護保険。 条件を満たさなかった場合のリスクは? かけた分だけ損してしまう? 本当に必要なのかどうか美極めることが大事です。
親の介護費用誰がお金を払うの?平均はいくらかかる!?
老後になると介護が必要となってくることが多いですね。 90歳を過ぎてもなお元気なお年寄りもいます。 もし、親が介護が必要になったらいくらくらいかかるのか、平均はどのくらいなのか調べてみました。 また、数百万円かかる介護のお金は親が準備してあるのもきになります。
親の介護に備えたいのは介護保険の他には何が必要?
親の介護は切実ですね。 昨日まで元気だったのが、急に介護が必要になってきたりもします。 骨折をきっかけに寝たきりになる事もあります。 そうなったらいきなり介護5になることも! そうなる前に必要な事はあるのか、国の介護保険以外に必要なのは?
親の介護で兄弟不仲になった例、退職した例
親の介護で兄弟、姉妹の仲が悪くなる場合は多々あるようです。 そこには同居しているしていない、親の近くに住んでいる、住んでいないと言う物理的な状態により介護が不公平になるといったことがあります。 そういった場合はどうやって解決をしたら良いのか、相続財産に差が出てくるのかと色々ともめる材料も出てきますね。 もめることなく親の介護をしていくには?

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活