おひとり様が癌と告知されたら?!まずはどうしたら良いのか

おひとり様が癌と告知されたら?!まずはどうしたら良いのか

おひとり様が癌と告知されたら?!

 

癌を告知されたその日は病院から家までどうやって帰ってきたかわからないと言う人がとても多いものです。

 

そのくらいショックな出来事です。

 

癌の事を詳しく知らなくても病気そのものが死をイメージするため早期であろうと何であろうと癌には変わりないのですから、辛い。

 

夫は自覚症状があって小さなクリニックで胃のレントゲンを撮ってもらったら癌は見つかりました。

 

10年少し前ですが、今と変わらずすぐ本人にすぐ告知。

 

ただ、そのころには癌は不治の病と言う認識が薄れてきている時代に入っていましたので、告知された夫は私に心配させないようになのかしんみょうな顔つきは一切なく、「癌だと言われたから、たぶん手術することになる。もっと大きな病院に行って再検査だって!」

 

私も、不治の病と言う思いはありませんでしたし、夫の告知後の明るかったことったら!

 

もしも、夫がおひとり様で男やもめだったら癌を告知されても気持ちは違っていたと思います。

 

しかし、おひとり様は癌と告知された人は誰にも言わずに一人で頑張って治療をしていると言う現実。

 

配偶者やパートナーがいないおひとり様はなおさら気持ちは深い悲しみに包まれると思います。

 

こんな明るい夫が癌になってその後色々な経過をたどるのですが・・・

 

大事なセカンドオピニオン

 

私の父親も病院で若い女性医師に癌を告知され手術をするよう伝えられました。

 

やはり本当に癌なのか?治るのだろうかと不安な気持ちでいっぱいになりそうとうショックだったようです。

 

ここでひとつ、絶対手術をと言われたいた父がセカンドオピニオンを受けました。

 

受けて正解。

 

家に一番近いがんセンターで再受診しました。

 

手術したらその後の機能が上手くいかなくなる場合があります。

 

このまま放射線治療と投薬で様子を見ていきましょう。

 

しばらくは定期的に受診してください。

 

と言われました。

 

おひとり様 癌,

 

10年以上前の癌はおとなしくなっています。

 

癌と言われた後の心の持っていき方

 

人によりショック度は違うのかもしれませんが、癌と言われて怖くもなんともないなんて人はどこにもいないと思います。

 

ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは癌になっても自分を客観的に見れて記事を書ける良い材料が見つかった!

 

と数年前に明るく話していました。

 

鳥越俊太郎さんはかなり前向きな人間だと自分を評価していましたが、精神的に本当に強い。

 

いや、強すぎる。

 

まして、直腸がんから肝臓に転移し、肺にも転移・・・

 

それなのに元気で今はスポーツクラブに行って肉体改造をしているそうなのです。

 

この前向きな気持ちこそが免疫力を強めると言う事なのですね。

 

なかなかそういったメンタルの強い人はそういるものではないと思います。

 

最初癌を告知されたときははかなりショックだったことは間違えないと思います。

 

癌と告知された後の心の持っていき方が癌を克服するとも言えるとつくづくそう思いました。

 

それにしても、これだけ転移を繰り返してもなお元気で普通に日常生活を謳歌していると言う事実は素晴らしいものです。

 

普通に手術をして、治療をして・・・

 

転移もしているのですからステージで言えば軽くはないはずです。

 

免疫を高めることはNK細胞を増やし、癌細胞など悪い細胞をやっつけます。

 

免疫療法なる民間の代替え治療のサプリメントもたくさん出ていますが、高額だったり実際の治ると言われるデータの根拠もないそうなのです。

 

しかし、この方法を試みたら治るんだ!

 

そういう気持ちが大事なのです。

 

その気持ちこそが副作用のない薬です。

 

またプラセボ効果もかなり良い結果を生みます。

 

プラセボ効果は強い威力があるのです。

 

告知されたら医者に聞く事は?

 

〇その癌はどういった治療をしますか?

 

〇どれくらいの治療期間ですか?

 

〇仕事はどうしたら良いですか?

 

〇日常生活に気を付けることはありますか?

 

〇どういった予定を組んでいったらよいでしょうか?

 

話の流れによっては重複するかもしれません。

 

まちがえても、私は死ぬのですか?治らないかもしれないですか?

 

そんなことをきかないでください。

 

余命なんて医者が告知するのはおかしい。

 

わからないはずです。

 

余命がわかるのはわかるのは病気によって何をしてもどんな治療をしても臓器が正常に機能しなくなった時です。

 

病名以外にも辛い現実を言われたら免疫が下がるばかりです。

 

おひとり様が癌と告知されたら「絶対に治って見せる」

 

そう思い続けてください。

 

そして、治療に影響がない時には普通に仕事を続けてください。

 

くれぐれも無理をしない、メンタルが下がったら相談機関に行って相談することもしてください。

 

国立がんセンターの癌情報サービスrel=”nofollow”

 

気持ちの問題や生活のことなど相談にのってくれるはずです。

 

 

 

広告

関連ページ

おひとり様が病気になって困らない為にはどういう準備が必要なのか?
おひとり様が病気になった時色々と大変な問題も出てきますね。 少しでもそういった時にあわてないように準備をしておくと安心できます。 そのためにはどういったことを準備して心得ておけばよいのかを考えようと思います。
おひとり様が入っておくべきタイプの保険はどんなもの?
おひとり様が入っておくべき保険の種類は? 配偶者や子供がいる場合の保険と、おひとり様が入る保険は内容は違います。 おひとり様だからこそ必要な保険を入っておくべきですね。 自分がもしもの時には困る人がいるかどうか。 もしいないのであれば必要最小限の保険額でも良いのかもしれません。 昔の保険そのままで大丈夫かどうか、今のご時世に合った保険であるか等見直しもその時々で必要ですね。
おひとり様が入院するときの保証人は?誰にも頼ることが出来ない場合等
おひとり様が病気になった時入院時の保証人は? 身内も近くにいなかったら・・・ 友人にもお願いできそうな人がいない場合など、究極はどうしたら良いのでしょう、 もしものことがある前に頼める人を探しておきましょう。 お金を出せばお世話をしてくれる人がいます。 保証人については記事をお読みください。
おひとり様、自分の葬儀とお墓はどうしたら良いの?
おひとり様が病気になった時、そばに誰もいなかったら生活していくのに大変です。 急病の場合、電話連絡さえままならないこともあります。 長期の病気療養の時のことも考えていき万事に備えた方が良いですね。 入院するときの準備もすぐに出せるように、もしものことがあった場合の連絡先もわかるようにしておいたり、誰かに託すこともおひとり様にとっては必要かもしれません。
おひとり様に相続人がいなかった場合の財産管理と行方が知りたい
おひとり様に身内がいなかった場合の財産はどうしたら良いのか? 身内、相続人がいないと思っていても実は戸籍を調べたら相続人がいる場合もあります。 もし、誰もいない場合はお世話になった人、親身になってくれていた人に財産を渡すことも出来ます。 そういった人がいない場合はどこかの団体に寄付をすることも出来ます。 誰も相続する人がいなかった場合はおひとり様の財産の行方は国の財産になると言う事になります。
おひとり様が癌になったら?仕事やお金や生活はどうしたらよいのか。
おひとり様がもしも癌になったら? 仕事を続けて行けるだろうか? 入院時の保証人や、入院時の世話、費用なども審判ですね。 誰にも頼る事の出来ないおひとり様もたくさんいます。 親はいても心配させるから一人で病気と立ち向かっている人もいます。 癌にもしもなった場合の事を考えて色々と知識を入れておきたいことがたくさんあります。
おひとり様の入院時の費用の準備は大丈夫ですか?
おひとり様が病気や怪我で入院することになった時の費用は準備は出来てますか? 入院するときは保証金が最初に必要です。 また、長期入院であっても、途中途中で入院費の精算は請求されます。 入院するためのお金とは最低限の入院費の他にも雑費が意外とかかるものです。 怪我や入院は突然やってくる場合があります。 そんな場合に備えてすぐに用意できるお金の準備はしていますか?
おひとり様の入院時の支払いはどうしているの?
おひとり様が病気やけがで入院することになった時、費用の方がすぐに用意できるように準備は出来ていますか? 家に現金がなくても、ATMですぐにおろせるような普通預金はありますか? おひとり様のカードローンと言うものもあります。 無利子の日数がある場合も! しかし、カードローンはあくまでも借金です。 急にお金が必要になってもすぐに使えるお金がないと不安ですね。 普通預金はいくらくらいあると安心できるのか考えてみました。
おひとり様退院するときひとりの場合はどうしたら良いの?
おひとり様はがもし入院した時、誰もお迎えにも来てくれない状態で退院することになったら一人で速やかに退院をするのでしょうか? おひとり様の退院時も一人なのでしょうか? 短期の入院なら気にならないけど長期の入院の場合は病院に置いてある荷物もたくさんありそうです。 誰か迎えに来る人がいないと病み上がりの身体にとってはきつい場合もありますね。 そういった時は誰に頼れば良いのでしょうか?
慢性疲労症候群で仕事をやめたい場合おひとり様はどうしたら良いの?
慢性疲労症候群で悩んでいるおひとり様もたくさんいます。 寝ても休んでも疲れが取れない場合は慢性疲労症候群かもしれません。 ひどくなったら慢性疲労症候群の診断も可能ですので、障害年金ももらえる場合もあります。
頭痛に効く飲み物はコーヒーとココアと〇〇でスッキリ!
頭痛で悩んんでいる方は4人にひとり。 私は30年来の頭痛もちですが、いろいろ試した結果病院でもらう頭痛改善薬はまだ外せませんが、毎日の水をマグネシウムたっぷりの「水」に変えるだけで実感できたことが何より嬉しかったです。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活