おひとり様が老後一人暮らしを続けるためには?

おひとり様が老後一人暮らしを続けるためには?

おひとり様が将来一人暮らしを続けるための心構え

 

将来、今と同じおひとり様だとしたら一人暮らしを覚悟しなくてはならないですね。

 

一人暮らしをしたいのか、それとも一人暮らしでしか選択はないのか?

 

今後結婚をして誰かとふたり暮らしになると言う事もありますが、30代くらいからずっと独身の気がすると言って、おひとり様が老後一人暮らしを続けるためにはどうしたら良いかと調べている人もいました。

 

おひとり様が老後もずっと一人暮らしを続けると言う事は自分で食べていくと言う事です。

 

食べていき、生活をし、自分の生涯を終える。

 

今は働いていてもやがて老後になっていくと、年金をもらうようになります。

 

年金はざっくり分けると、厚生年金と国民年金。

 

自分はどちらがあてはまるのか?

 

大体どれくらい年金としてもらえるのか?

 

それによっておひとり様が老後の一人暮らしを続けられるかどうかの目安になります。

 

年金郵便が送られてくるし、社会保険事務所に聞けばある程度将来どのくらい年金がもらえるかがわかります。

 

もしも、このまま、一人暮らしを続けるのであれば、今の入ってくる収入よりもだいたいは少なくなると思います。

 

それでもやっていけるかどうか?

 

おひとり様の老後の一人暮らしの費用は大丈夫?

 

年金で老後は食べて行けるかどうか計算してみるとわかりますね。

 

持ち家があるのか、あったとしても退職時にはローンはあるのか、払い終えているのか?

 

賃貸で、給料のどのくらいの割合が家賃として持っていかれるのか?

 

割合と言うものがあります。

 

家賃に払うお金は大体お給料の3割位を上限で見ます。

 

それ以上だったら、生活していくのにどこかで無理が出てきます。

 

家賃ばかりにお金がいってしまって貯金が出来ないのはもったいない。

 

おひとり様、賃貸よりもマンションを買おう!

 

40代くらいまでだったら、そこそこの頭金があれば・・・頭金なくってもお給料で何とかなる、又は安い価格帯で分譲の不動産を購入する。

 

そんな選択肢もあります。

 

 

おひとり様 老後,おひとり様 心構え,おひとり様 一人暮らし

 

老後に近くなって、頭金がなくてローンを完済できる保証もない場合はそのまま賃貸で!

 

ファイナンシャルプランナーも独身女性でまだ働ける若さ、年齢的にもまだローンも返せそうであれば、不安定な賃貸よりも、マンションか、小さな家を買った方が良いと言っています。

 

今、物件は中古が熱い!

 

おひとり様なので、マンションにしても家にしても小さくて良いですね。

 

それなら、2LDK位の小さ目のマンションか家を中古で買うと良いかもしれません。

 

安い中古の物件を買ってリノベーションするというのがここ数年きています。

 

おひとり様が買えそうな価格帯であれば思い切って買ってしまった方が、家にかかるお金は後々心配ないです。

 

また、いつか老人ホームなどに入るとしても売ることが出来ます。

 

おひとり様におススメなのは中古物件です。

 

掘り出し物件があるので、私も時間をかけて探してみたいと思います。

 

おひとり様は健康一番

 

おひとり様が一人暮らしをするためにはまずは健康が大事です。

 

もしも健康じゃなかったら働くことも出来ません。

 

一人暮らしも難しいでしょう。

 

でも、誰が一緒に住んでくれるの?

 

そうなりますよね。

 

お金がなかったら生活保護に・・・

 

病気だったら生活保護も仕方のないこと。

 

不思議な事・・・

 

お金もなく、病気がち、家もない、年金も少し。

 

家屋もいない。身寄りなし。

 

その場合はどこに行けばよいの?

 

ここに書いたことが理由で仕方なくホームレスをやっているなんて話していました。

 

誰も好き好んでそんな生活はしたくないですね。

 

仕事とお金と健康、この3つがしっかりと確保していたのならおひとり様が老後一人暮らしを続けることが出来るのです。

 

でも、孤独死は避けたいですので、近所に中の良い人を作りましょう。

 

いつも身綺麗な格好をして。

 

 

広告

関連ページ

おひとり様の老後は一人暮らしの方が良い理由は?
おひとり様が老後を迎えた時、一人暮らしをするかホームに入るかそのほかいくつかの選択があると思います。 どちらが良いのか、メリットとデメリット、老後を過ごすまでの準備や心構えなどに触れています。
おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットは?
未亡人やおひとり様が老後に一人暮らしではなく、複数の人が住むグループホーム、又は老人ホームに入った方が良いとされるメリットなどを書きました。 将来のおひとり様の老後のホームに入ることのメリットに触れています。
おひとり様の老後はずっとひとりで暮らせるのか?
おひとり様は将来老後になった時もずっと一人で安心な生活を送ることが出来るでしょうか? おひとり様が必要なのはお金の他には? 保険は? 家族を持たないおひとり様におすすめの保険もあります。 ファイナンシャルプランナーに相談をし、入っておくべき保険に加入したら安心ですね。 おひとり様が老後になっても一人でずっと暮らせるよう今のうちから何らかの対策を練っておくと良いですね。
おひとり様が老後になった時のおススメのホームは?
おひとり様が将来ホームに入るとしたら、どんなホームがあるのか調べてみました。 老人ホーム、グループホーム、介護型老人ホームとありますが、それぞれ形態や金額が違います。 どんな違いがあるのでしょうか?
おひとり様、一人暮らしとホームはどっちがお金かかる?お得?
おひとり様が老後になった時、一人暮らしをするのと老人ホームとではどっちが安く済むのか考えてみました。 一人暮らしもその人の環境に応じて家賃発生するかどうか、老後になった時退職金で老人ホームの初期費用を賄う事ができるのかどうか、そのあたりで余裕のある暮らし方と貧乏老後に別れそうです。
おひとり様が老後でシェアハウスを借りる事はおススメ?
おひとり様が将来老後に限らずシェアハウスを借りると言う事はおススメなのか、メリットとデメリットも含め調べてみました。 若い女性もシェアハウスを借りることが多くなった昨今、共同生活をすることの注意点などに触れてみました。
おひとり様老後にホームに入ると言う事はどんな理由から?
おひとり様が老後になった時、ホームに入る理由はどんなことからなのでしょう。 一人暮らしをしたいと思ってもいつかはホームに入る時があります。どういった理由になるとホームに入ることになるのでしょうか?
おひとり様の老後、特養と民間ホームの違いをわかっておこう!
おひとり様が将来老後を迎えた時に入るかもしれないホームの事について書いています。 特別養護老人ホームと民間老人ホームの違い等知っておきたい良い情報を書いています。
おひとり様、いつまで一人暮らしが出来るのか考えておこう。
おひとり様が一人暮らしを続けて行けるのはいつまでなのか考えてみました。 老後になって一人暮らしが出来なくなる原因などを考え、出来るだけ一人暮らしを続けて行けるにはどうしたら良いかなど情報を書きだしました。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活