おひとり様が老後でシェアハウスを借りる事はおススメ?

おひとり様が老後でシェアハウスを借りる事はおススメ?

おひとり様が老後、シェアハウスを借りる事と言う事のメリット

 

シェアハウスは今来てますね!

 

テレビや雑誌にも多く取り上げられています。

 

シェアハウスのメリットは貸す方、借りす方両方にあるからです。

 

賃貸物件を持っている家主さんは今までの賃貸だと中々借り手がつかない。

 

そこで、不動産会社からシェアハウスの提案があってシェアハウスにリノベーションをすると言う事を考えます。

 

シェアハウスにした場合のイメージやシュミレーションをしての提案。

 

外国ではシェアハウスで共同生活をしている人も少なくないとの事。

 

よく映画などにもシェアハウスの場面が出てきます。

 

おひとり様が老後シェアハウスを借りると言う事にメリットやデメリットはどんなものがあるのか考えてみることにします。

 

比較的若い女性がシェアハウスを借りる場合

 

学生がシェアハウスに住むと言う選択もあります。

 

若い女性が親元を離れて一人暮らしをすることを考えたら共同生活だと親の方も安心しますね。

 

女性限定のシェアハウスだと余計に安心です。

 

最近は日本人、外国人の共同生活もあります。

 

老後世代の人が若い人に部屋貸しをして、お互いにメリットのある生活をする等、共同生活の成功をしている人たちもいます。

 

先日見たテレビでは、歌の好きな高齢の男性が余っている部屋を若い音楽を目指している人に貸しているのを放送していました。

 

ピアノが出来る若い男性は高齢の男性にピアノを弾いて伴奏を付け、ボーカル指導のようなこともしていました。

 

若い男性にとってはそういったことをしてあげられる分、家賃は発生しない、又はほんの少しの家賃で住むといったようなパターンです。

 

やはり、一緒に住み始めたころは少々のトラブルもあったようですが、共同生活をしているうちに信頼感が出来たと言う事。

 

また高齢の男性にもしものことがあっても、一緒に住む見守りの人間がいると言う事だけでもかなり安心です。

 

シェアハウスのような共同生活は色々メリットデメリットはありますが・・・

 

老後にシェアハウスに住むことの不便さとデメリット

 

シェアハウスのような共同生活のメリットは何と言っても安心感ですね。

 

では共同生活のデメリットは何でしょうか?

 

シェアハウスに済まなくてもなんとなく、デメリットはわかります。

 

部屋は一人部屋かもしれませんが、共同部分があるのがシェアハウスです。

 

台所、お風呂、トイレ・・・

 

台所は使いたいけど、誰かが使っている。

 

何時に使えるかわからないから自炊も躊躇してしまう。

 

後片付けの仕方が気に入らない。

 

誰が最初にお風呂に入るの?

 

順番なの?

 

それとも先に家に帰ってきた人が先にお風呂に入って良いの?

 

トイレはいつも綺麗に掃除をする人といい加減に掃除をする人と、性格も出てきます。

 

せっかく掃除をしたのに・・・掃除の仕方が気に入らない・・・

 

 

おひとり様 シェアハウス,老後 シェアハウス

 

等など。

 

そのあたりは目をつぶる。

 

そうしないとストレスがたまります。

 

その分家賃を折半するので、期限を決めてのシェアハウスだったら我慢も出来るかもしれません。

 

シェアハウスと言ってもルームメイトはまた違いますね。

 

一所帯の部屋を共同で借りるので、どちらかが家を出たら家賃が急に今までの倍払っていかなくてはなりません。

 

ルームシェアとシェアハウスの違い

 

ルームシェアとはまさしく今書いたようなルームメイトのような共同生活をする形態です。

 

シェアハウスはまたちょっと違って、家主が最初から共同部分があっての各部屋を作った建物です。

 

一部共同の生活スタイルがある形態をシェアハウスと言いますね。

 

もし、近々お引っ越しをするならお得なお引っ越し見積もりを!

 

こちらはお得な特典があったり、お祝い金があったり買物券をプレゼントしてくれたり・・・お引っ越しの際の見積もり交渉術を書いた冊子をプレゼントしてくれます。

 

見積もりなら無料なので!

 



 

簡単引越し見積もりはコチラ

 

シェアハウスだったら最初から一人分の家賃は決まっています。

 

誰が出て行っても家賃は変わりません。

 

ただ、自分たちで普通の物件を共同で使い、シェアしている場合はこれとは内容や条件もことなります。

 

ルームシェアとシェアハウスの値段の違いはたぶん、安く使用できるのはルームシェアだと思いますがその建物にもよりますね。

 

おひとり様用一軒家って素敵

 

おひとり様用マンションと言うのは良くありますが、おひとり様用一軒家と言うのはあまりありませんね。

 

これまたテレビでやっていましたが、おひとり様の一軒家は素晴らしい。

 

一軒家の良い部分があって、一人にちょうど良い家の大きさで、庭もあって!

 

その一軒家はマンションのお隣さんのようにおひとり様用一軒家が数軒かたまっているのでです。

 

周りはみんなおひとり様なので、話をしたくなります。

 

寂しさもないですね。

 

シェアハウスのようにプライベートがあまりなくなってしまうと言うようなこともありません。

 

そうなるとトラブルもさほどないと思います。

 

私がもしも将来老後一人で住むとしたら、こういうおひとり様の一軒家が良いなと思いました。

 

簡単引越し見積もりはコチラ

広告

関連ページ

おひとり様の老後は一人暮らしの方が良い理由は?
おひとり様が老後を迎えた時、一人暮らしをするかホームに入るかそのほかいくつかの選択があると思います。 どちらが良いのか、メリットとデメリット、老後を過ごすまでの準備や心構えなどに触れています。
おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットは?
未亡人やおひとり様が老後に一人暮らしではなく、複数の人が住むグループホーム、又は老人ホームに入った方が良いとされるメリットなどを書きました。 将来のおひとり様の老後のホームに入ることのメリットに触れています。
おひとり様の老後はずっとひとりで暮らせるのか?
おひとり様は将来老後になった時もずっと一人で安心な生活を送ることが出来るでしょうか? おひとり様が必要なのはお金の他には? 保険は? 家族を持たないおひとり様におすすめの保険もあります。 ファイナンシャルプランナーに相談をし、入っておくべき保険に加入したら安心ですね。 おひとり様が老後になっても一人でずっと暮らせるよう今のうちから何らかの対策を練っておくと良いですね。
おひとり様が老後一人暮らしを続けるためには?
未亡人やおひとり様が老後、一人暮らしを続けるためにはどんなことに注意をしていれば良いのか? 老後を将来迎えるために今からやっておくこと、お金や生活の準備などの心構えなどに触れています。
おひとり様が老後になった時のおススメのホームは?
おひとり様が将来ホームに入るとしたら、どんなホームがあるのか調べてみました。 老人ホーム、グループホーム、介護型老人ホームとありますが、それぞれ形態や金額が違います。 どんな違いがあるのでしょうか?
おひとり様、一人暮らしとホームはどっちがお金かかる?お得?
おひとり様が老後になった時、一人暮らしをするのと老人ホームとではどっちが安く済むのか考えてみました。 一人暮らしもその人の環境に応じて家賃発生するかどうか、老後になった時退職金で老人ホームの初期費用を賄う事ができるのかどうか、そのあたりで余裕のある暮らし方と貧乏老後に別れそうです。
おひとり様老後にホームに入ると言う事はどんな理由から?
おひとり様が老後になった時、ホームに入る理由はどんなことからなのでしょう。 一人暮らしをしたいと思ってもいつかはホームに入る時があります。どういった理由になるとホームに入ることになるのでしょうか?
おひとり様の老後、特養と民間ホームの違いをわかっておこう!
おひとり様が将来老後を迎えた時に入るかもしれないホームの事について書いています。 特別養護老人ホームと民間老人ホームの違い等知っておきたい良い情報を書いています。
おひとり様、いつまで一人暮らしが出来るのか考えておこう。
おひとり様が一人暮らしを続けて行けるのはいつまでなのか考えてみました。 老後になって一人暮らしが出来なくなる原因などを考え、出来るだけ一人暮らしを続けて行けるにはどうしたら良いかなど情報を書きだしました。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活