40代独身女性保険

40代独身女性はどんな保険がおすすめ?

保険の種類はさまざまですが、自分にぴったりの保険を選ぶことが大切です。

 

ぴったりの保険と言うのは、その人その人の年齢や家庭環境や今入っている保険との兼ね合いもありますね。

 

無駄に入るくらいならその分貯金していた方が良いですから。

 

40代独身女性はどんな保険に入ったら良いかをまとめています。

 

40代独身女性保険に入っているの?

 

40代で保険は何も入っていないと言う女性も少なくありません。

 

「どうせ一人だから、保険に入る必要なんかないわ」と。

 

保険は保険額が大きすぎたり年齢が高くなるほど保険料が高くなります。

 

保険貧乏になるほどのものに入ると、いつでも使える貯金額が不足してしまいます。

 

貯金が出来なくなると言うのではバランスも良くないですね。

 

40代の独身女性にとって、保険も大事ですが

 

貯金は将来の事を考えておひとり様だからこそ必要不可欠です。

 

 

独身女性の場合は、保険と貯蓄のバランスを考え

 

必要以上に大きな保険に入る必要はないようです。

 

その分、確実な貯金にまわす方が利口ですね。

 

会社員などの独身女性におすすめの保険

 

会社員などの独身女性の場合は公的保障があるので

 

死亡保障はさほど必要ではありません。

 

お葬式のお金さえあればですね。

 

万が一の場合でもある程度の貯蓄があれば、死亡保障が目的の生命保険に入る必要はなさそうです。

 

もしも、姪っ子甥っ子に残したいと言うものがあれば別ですが。

 

がん家系の人や健康に不安がある人には、医療保険やがん保険に入っておくことをおすすめします。

 

まだ若いうちに終身タイプの医療保険に入っておくと安心ですが

 

40代でも2,000円前後で入れる保険もあります。

 

病気や怪我をしなかったら貯金していた方がよっぽど良いと思うのもわかります。

 

でも、わからないんですよ。

 

私の知り合いで股関節脱臼の手術をした人が2人います。

 

いずれも40代女性です。

 

ふたりとも4カ月以上の入院でした。

 

 

すごく入院費がかかったそうです。

 

保険に入ってたから助かったと言ってましたよ。

 

もしも保険に入っていなくとも、自分で払う金額は高額医療制度で月に8万円強ですみます。

 

その分貯金を切り崩して何とかなるには何とかなりますが

 

何カ月も入院したら?

 

きついですよね。

 

もしも癌になったら?

 

おひとり様が癌になったら?

 

実際は現実にいます。

 

保険に入っていたかいないかで癌の場合はずいぶんと違います。

 

高度の治療の保証が2千万円位は保険には付いているものが多い

 

と言うのが安心なのでがん保険だけはかけていると言うおひとり様もいます。

 

知り合いの親が癌治療で高度先進治療を受けました。

 

こういった治療は保険がきかないんですよね。

 

でも、がん保険に入っていたので治療にかかった金額の800万円は保険で何とかなりました。

 

 

もしも、保険に入っていなかったら?

 

癌になって保険に一つも入っていなかったら

 

高度先進治療をあきらめることを選択していたかもしれません。

 

もはや、命さえお金で解決できる時代になっています。

 

自営業などの独身女性におすすめの保険

 

自営業の独身女性の場合は会社員として比較して健康保険などがの公的保障が不十分なので

 

入院や手術にそなえられる医療保険に加入しておくと良いでしょう。

 

また、自由業は国民年金だけでは老後資金には不十分なので、個人年金で老後の備えをしておくとよいでしょう。

 

年金も保険のひとつで、保険会社で多数取り扱っています。

 

 

私は毎月1万円の積み立てで年金保険に入ってます。

 

10年間は積み立てたそのお金に少しプラスされて毎月個人年金としておりてきます。

 

40代独身女性の老後資金はどうする?

 

年金で補えない生活費は、個人年金保険や自動積立定期預金、財形貯蓄などでの準備が適しています。

 

会社員の場合は団体保険に入るとかなり有利ですよ。

 

個人年金保険

 

保険料や受け取る年金額、受け取り期間などを自由に決めます。

 

生命保険会社、銀行、JA、郵便局などで取り扱っています。

 

自動積立的預金など

 

銀行の自動積立預金や社内貯金などで自動的に積み立てます。

 

財形貯蓄

 

一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄があります。

 

会社に財形貯蓄の制度があれば利用すると良いでしょう。

 

と言うよりも、絶対におやった方が得です。

 

利率はかなり良いと聞きました。

 

正社員でなくても、継続して雇用される派遣社員やパートタイマー、アルバイトも加入することができます。

 

まとめ

 

40代女性の場合、毎月の家計を圧迫するほどの保険額の大きいものに入る必要はなく

 

むしろ最低限でよいでしょう。

 

保険料はおさえて貯蓄額を増やし、趣味や仕事のスキルアップのためにお金を効果的に使うようにすると?

 

将来的には大きなお金を生むことになります。

広告

関連ページ

40代独身女性仕事はどうしたら良いの?
40代独身女性の仕事について思う事。 40代の女性が転職をすると不利な事も多いですね。 資格を今から取って見よう! と言う女性も少なくはありません。 資格を取るのも悪くはありませんが、今までのスキルや経験を生かして出来る仕事がないか、アンテナを巡らせておけば思いがけない仕事に就けることもあります。 40代は経験が買われる年代なのです。
40代独身女性の特徴とは?
40代独身女性の特徴とはどんなものでしょう? 今まで一人で頑張っていたし、これからももしかしたら一人かもしれないと言う思いもあります。 結婚はたまたま良い人に巡り合うことが無かった人も多いものです。 そんな40代独身女性はプライドも高く凛として綺麗な人が多いような気がするのは気のせいではなさそうです。
40代独身女性の平均貯金額はどのくらいなのでしょうか
40代独身女性は貯金無でも今から1千万円貯金できますか? 50代になると、ある程度は貯金も余裕がある位貯めておきたいですよね。 50代と40代の気力と体力は全く違います。 40代は貯められる時です。 転職をするにも落ち着くころにしないと後が大変です。 40代からの転職におすすめの仕事のこと等にも触れています。
40代女性派遣で良いの?
40代独身女性は派遣で働いていることも多いですね。一度転職を考えてしまうと中々正社員として雇ってくれるところはありません。 それでも、経理関係、ITなどは即戦力としてスキルが認められればかなり良い条件で働くことも出来ます。 派遣でも同じで、40代と言う年齢からスキルと経験を買う企業も多いのです。 副業として何かすると言う事もありますよ。
40代独身女性の実家暮らしメリット、デメリット
実家住まいのメリットとデメリットは人によって感じ方も違います。 40代独身女性にとっての実家住まいはどうでしょうか? 経済的には断トツに実家住まいの方がメリットがあります。 でも敢えて実家住まいはデメリットだと考え一人暮らしをしている40代独身女性も少なくありません。
40代独身の心理、婚活編
40代独身女性の心理婚活編について触れています。縁がなくて、又は結婚に対してメリットも何も感じなかったと言う事で40代でも独身の女性はたくさんいます。 そんな40代独身女性の婚活に対しての本音や心理を綴っています。
40代独身女性の悩みが知りたい
40代独身女性の悩みは仕事等や金銭的な事、健康や将来のこと等悩みは深いものです。 独身であるがゆえに自由でもあり、孤独でもあります。 そんな40代独身女性の悩みに触れています。
40代独身女性の生活はどんな感じなの?
40代独身女性の生活はどんな感じなのでしょうか? ひとりで生きて行くと言う事が外見的にも凛として見えているのは事実なようです。 結婚が安泰でもなく、就職が安心でもない時代へとなってきた現代、40代独身女性はメンタル管理もきちんとしてしっかりとした女性が多いようです。
40代独身女性の恋愛と結婚
40代独身女性が恋愛と結婚を考える時、様々な問題があるようです。 そこには出産能力があるかどうかも。 40代と言う年齢は親の承諾はなくても結婚してしまえば良いと思いますが、それは相手の親の事もあるので簡単な事ではないようです。
40代独身女性の生き方
40代の独身女性の生き方は人それぞれ。 何のために生きているのかわからないと思うほど毎日がつまらないと言う女性がいたり、いつも楽しく行動している女性もいます。 鈍感力も必要と言う事もあります。 あなたは毎日が楽しいですか?
40代独身女性の老後資金の貯め方・投資信託とは?
40代の独身女性の老後資金の貯め方に投資信託と言う方法があります。 非課税枠があるニーサの出現により、より一層投資信託系はメリットがあります。 ネット証券で1万円からお気軽にやってみてはいかがでしょうか?普通積み立てよりも利率は良いですのでおすすめ。
40代独身女性貯金なし、老後どうする?
40代独身女性で貯金がないはけっこういます。今は良いのですが、何か対策を考えておかないと被さんん亜貧乏老後が待ち構えています。今から気が付いたときに、貯金や節約、副業など考えた方が良いですね。その中でもおすすめなモニター制度を活用すると年間ずいぶん違ってくるのですごくおすすめです。そんなモニター制度の事を知りたくないですか?

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活