おひとり様がホームに入った方が良いメリットは?

おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットは?

おひとり様が将来老後になった時にはどこに住む?

 

おひとり様もいつか老後を迎えますね。

 

いつまでも一人暮らしはやめられないと言う自由が大好きなおひとり様もたくさんいる事でしょう。

 

なんて言ったって一人暮らしは自由、自分が年をとっても出来るだけ一人暮らしで自由気ままに暮らしていきたいと思うのはすごくわかります。

 

でも、80歳過ぎたころから少しずつ誰かにお世話になる事も増えだしますね。

 

もし、90歳、100歳まで生きていたら!

 

自分で生活のためのすべてを一人で全部できるでしょうか?

 

今はまだよくても、さすがに、90歳となったら・・・健康が心配です。

 

それでも一人暮らしをしている人はいるかもしれません。

 

でも、大体が誰か家族の元に一緒に住むことにもなると思いますが、一人暮らしで結婚もしていない、未亡人である、子供もいない。

 

そんな場合は親戚?

 

親戚だって自分の事でいっぱいです。

 

血縁関係だって遠くなれば他人と一緒。

 

おひとり様の老後は是非老人ホームで

 

おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットなんてあるの?

 

さすがの90歳くらいになれば自分で生活は難しいと思ってきますよね!

 

そこで、考えるのがグループホームや老人ホームです。

 

自由がなくて、年より臭くていやだ!

 

そんなことを思う人は多いと思います。

 

そう思うのは若い証拠かも?

 

昔のイメージや、一部の老人ホームでは確かに年より臭いと思うのがあるかもしれません。

 

新聞、テレビでも老人への虐待がホームで時々あり、放映を見ては驚いています。

 

認知症が少しあったりすると普通の会話が出来なくて!

 

そういう理由があってなのか、どうなのか、ホームで働いている一部の職員が虐待をしてしまっているようなニュースも・・・

 

そんな話を聞くと陰気くさいイメージもかなりあります。

 

ですが、日本には素敵なホテルみたいな老人ホームもあるのです。

 

ホームに入るための費用はけっこうかかるかもしれませんが、こんなホームで生活しているとすべてが至れり尽くせり。

 

私も将来はこんな老人ホームに入っていたいと思いました。

 

老人ホームは自由がない?

 

老人ホームのイメージはなんとなく、自由がなさそうです。

 

起きる時間や、ご飯の時間、昼寝の時間に体操の時間、リクレーションも子供じみたことをしなくてはいけない。

 

そんなのいやですね!

 

テレビで見て、冗談じゃないと思ったこともありました。

 

若い老人ホームのスタッフが、入居している老人たちに向かってまるで幼児に教え込むように、さぁ、みなさん手をあげて歌いましょうね。

 

むすんでひらいて!

 

真っ平御免です。

 

素直な老人の方たちは楽しくもなさそうに職員のすることを真似ていました。

 

同じ老人でもそんな手遊びいみたいのは嫌だと思う人もいるはず。

 

未亡人 老後,おひとり様 老後,おひとり様 ホーム

 

つい最近、103歳の麻雀好きな元気なご婦人をテレビで見ました。

 

自由、楽が良い。

 

美味しいものを好きなときに食べて好きなように生きる!

 

そう語っていましたが、まさしく目指すはそこです。

 

と、言ったって中々出来ないのですよね。

 

特別老人ホームは国でやっていて、規則もたくさんあって自由度も少ないと思います。

 

至れり尽くせりどころではなくい。

 

出来れば行きたくない?

 

人によるとは思いますが、特老は安いのです。

 

国民年金でも多少の貯金があれば入れるとか。

 

豪華なホームに入りたくても入れない人はたくさんいますので、そうなると収入の範囲で入れるところは特別老人ホームのような安いとことしか入れない。

 

素敵なホームに入りたかったら頑張って働いて今から老後資金を貯めるべし!

 

おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットは、ずばり「安心」

 

医療設備の整っている老人ホームや、看護師さんやヘルパーさん常駐のホームもありますからそんなホームに入れたら安心です。

 

また、最近の老人ホームは趣味も多種多様。

 

お花を習う時間。

 

卓球をする場所、スロットマシンをする部屋・・・等々

 

お出掛けも帰る時間さえ言っておけば自由。

 

夫婦で楽しそうに入居している姿もありました。

 

おひとり様が老後にホームに入った方が良い最大のメリットは私は食事だと思います。

 

3食の食事も素晴らしい。

 

私の知っている80代のご婦人は日中、社交ダンスを教えていて、夕方になると老人ホームへ帰ります。

 

子供さんもいるようですが、別々に暮らし、ご自分は上げ膳据え膳の老人ホームへ。

 

おひとり様が老後にホームに入った方が良いメリットは安心度の他にも楽しい、おいしい、同年代の友人が出来ると言ったメリットがたくさんありますね。

広告

関連ページ

おひとり様の老後は一人暮らしの方が良い理由は?
おひとり様が老後を迎えた時、一人暮らしをするかホームに入るかそのほかいくつかの選択があると思います。 どちらが良いのか、メリットとデメリット、老後を過ごすまでの準備や心構えなどに触れています。
おひとり様の老後はずっとひとりで暮らせるのか?
おひとり様は将来老後になった時もずっと一人で安心な生活を送ることが出来るでしょうか? おひとり様が必要なのはお金の他には? 保険は? 家族を持たないおひとり様におすすめの保険もあります。 ファイナンシャルプランナーに相談をし、入っておくべき保険に加入したら安心ですね。 おひとり様が老後になっても一人でずっと暮らせるよう今のうちから何らかの対策を練っておくと良いですね。
おひとり様が老後一人暮らしを続けるためには?
未亡人やおひとり様が老後、一人暮らしを続けるためにはどんなことに注意をしていれば良いのか? 老後を将来迎えるために今からやっておくこと、お金や生活の準備などの心構えなどに触れています。
おひとり様が老後になった時のおススメのホームは?
おひとり様が将来ホームに入るとしたら、どんなホームがあるのか調べてみました。 老人ホーム、グループホーム、介護型老人ホームとありますが、それぞれ形態や金額が違います。 どんな違いがあるのでしょうか?
おひとり様、一人暮らしとホームはどっちがお金かかる?お得?
おひとり様が老後になった時、一人暮らしをするのと老人ホームとではどっちが安く済むのか考えてみました。 一人暮らしもその人の環境に応じて家賃発生するかどうか、老後になった時退職金で老人ホームの初期費用を賄う事ができるのかどうか、そのあたりで余裕のある暮らし方と貧乏老後に別れそうです。
おひとり様が老後でシェアハウスを借りる事はおススメ?
おひとり様が将来老後に限らずシェアハウスを借りると言う事はおススメなのか、メリットとデメリットも含め調べてみました。 若い女性もシェアハウスを借りることが多くなった昨今、共同生活をすることの注意点などに触れてみました。
おひとり様老後にホームに入ると言う事はどんな理由から?
おひとり様が老後になった時、ホームに入る理由はどんなことからなのでしょう。 一人暮らしをしたいと思ってもいつかはホームに入る時があります。どういった理由になるとホームに入ることになるのでしょうか?
おひとり様の老後、特養と民間ホームの違いをわかっておこう!
おひとり様が将来老後を迎えた時に入るかもしれないホームの事について書いています。 特別養護老人ホームと民間老人ホームの違い等知っておきたい良い情報を書いています。
おひとり様、いつまで一人暮らしが出来るのか考えておこう。
おひとり様が一人暮らしを続けて行けるのはいつまでなのか考えてみました。 老後になって一人暮らしが出来なくなる原因などを考え、出来るだけ一人暮らしを続けて行けるにはどうしたら良いかなど情報を書きだしました。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活