おひとり様の食卓、ランチ、お弁当

おひとり様の好きなランチ、外食は?年齢別編

おひとり様のランチや外食は年齢別で差が出る

 

人にはそれぞれ食べ物の好みや経済的な背景があり、おひとり様のランチや外食にも、その個人的な環境が大きく影響します。

 

しかし年代別におおよその傾向は分かります。

 

おひとり様の食卓ランチその傾向を少し覗いてみましょう。

 

30歳代は二極化、肉や油ものを好む

 

この年代は独身が75%、既婚者が25%といったところでしょう。

 

既婚者と独身者では懐具合がまるで違っています。

 

既婚者はお弁当ランチか500円のワンコインランチ、または外食チェーンの牛丼の類で済ませます。

 

おひとり様 食卓,おひとり様 ランチ,おひとり様 お弁当,

 

好き嫌いは言っていられません、予算を先に考えてメニューは後から選びます。

 

方や独身者は少しお金に余裕があります。

 

好きな肉料理や揚げ物中心としたメニューで、おひとり様ランチは外食にします。

 

40歳代は我慢のランチ

 

40歳代は社会的にも家庭でも最も責任ある年代です。

 

収入は増えますが可処分所得は意外にも少なくなりおひとり様でのランチは節約します。

 

友人や同僚、上司や部下とのランチには見栄もあり1000円~1200円程度は負担しますので、おひとり様のランチは、「節約モード」になり、当然ワンコイン(500円)以下にします。

 

お客様の接待や、宴会などの外食はありますが、個人的に外食が出来る余裕は残念ながらありません。

 

50歳代は軽めのおひとり様ランチ

 

子供が大学生になっている年代で、教育費が重くのしかかる年代です。

 

会社でも部長クラスで見栄もありますから、おひとり様ランチは「ザルそば」など比較的軽くて安いランチを選びます。

 

会社では夜の接待もありますから美味しい物は食べていますが、家庭サービスで外食するのは年に数えるほどしかありません。

 

60歳代以降シニア世代は余裕の外食

 

シニア世代は時間にもお金にも余裕があります。

 

従っておひとり様ランチは「豪華」になります。

 

一流デパートのレストラン階に行きますと、シニア世代が¥2000円前後と思われるランチを食べています。

 

健康のためか和定食(刺身、焼き魚、天ぷら)を選ぶ人が多い様に見えます。

 

子供や孫を連れての外食が楽しい年代です。

 

当然お勘定はシニア世代の責任です。

 

おひとり様の食卓はこうも年代によって違ってくるのかと驚きですよね。

 

自然と人生の通過点での食事の内容になってしまうのは仕方のない事かもしれませんね。

 

実際にリアルでもおひとり様だったら夕飯も毎日の食卓も違ってきます。

広告

関連ページ

おひとり様のランチ、いくらまでなら出す
おひとり様のランチはいくら位平均なのでしょうね。 女性は一人ランチの時はただ食べるだけですので、節約をし、友人とおしゃべりをする時にはうんと豪華にしたり、メリハリをつけていたりしています。 男性は夜のようにアルコール入らなければ割とお金のかからないランチで済んでいるようです。
おひとり様のお弁当、作るとどれくらい節約できるの?
おひとり様のお弁当は作ってみるとかなり節約できることがわかりました。 同じメニューを外食で頼むのとは半額近くも違ってきてします。 毎日お弁当を作ると年間でかなりの姓艶句が出来ることがわかります。 早起きしてお弁当を作るか、時間をたっぷり残しておくか考え方の違いですね。
おひとり様の食卓はいくらかかるの?お弁当を作ると安い?
おひとり様の食卓は工夫次第で安く上げることが出来ます。 特に炭水化物は安いのでたくさん食べられますが、栄養を考えるとたんぱく質も摂らなくてはなりませんね。 お弁当は更に安くできます。 計算をしてみて髪に書いて買い物に行くと無駄使いもせずに済みそうですね。
おひとり様のダイエット弁当、ランチの食べ方
おひとり様のダイエット弁当やランチの食べ方を工夫して痩せることも可能です。 自分でお弁当を作る時にお弁当の中身を考えたり、外食ではご飯を残すなどしてエステサロンに行かなくてもダイエットは出来そうです。
おひとり様が二日酔いしないためには?
おひとり様で、飲み会を誘われると中々断れませんよね。 どうしてもアルコールがダメな人はソフトドリンクで良いけど、適度に飲めてしまう人は翌朝の二日酔いがけっこうきついものです。 果物や、牛乳を飲んで前もって悪酔いを防ぐ人もいるようです。 二日酔い対策おひとり様の場合は?

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活