若くして死別した後の自分と子供の名字や戸籍はどうする?

若くして死別した後の自分と子供の名字や戸籍はどうする?

この世に生きている方の誰しもが避けては通れない道が“死”です。

 

若くして最愛の人と死別したらあなたならどうしますか?

 

とても哀しいですよね。

 

ですが哀しんでばかりもいられないのが現実です。

 

その後の手続きや、生活のことなど考えて行かなくてはならないことはたくさんあります。

 

今回はそんな若くして死別してしまったときの自分と子供の名字、戸籍等について考えていきます。

 

若くして死別した後の名字

 

若くしてパートナーと死別してしまったら哀しいですよね。

 

私は45歳の時に夫との死別後、待ったなしに手続きをやった記憶があります。

 

まず配偶者と死別したら気になるのは、ご自分の戸籍や名字のこと。

 

実は死別してもご自身が何も手続をしなければ、配偶者が健在のとき何も変わらないのです。

 

戸籍も動きませんし、名字も同様のことが言えます。

 

でも、名字を変えたい人もいます。

 

もし名字について変えたいのであれば、「復氏届」という届けがあるのでそれを役所や役場に出すことで旧姓に戻すことも出来ます。

 

  • その場合は旧姓の戸籍にある、親や未婚の兄妹が健在のことが条件となります。
  • もし全員死亡していたり除籍されていたら、戻れる戸籍がないので新しい戸籍を作ることになるのです。
  • 復氏届を出すと結婚前の旧姓に戻りますが、もし結婚前の戸籍に戻りたくなければ「分籍届」を出します。

 

これで旧姓の新しい戸籍が出来ます。

 

夫の死亡時の氏で新戸籍を作ることはできないので、そこだけ気を付けましょう。

 

そして配偶者の両親との扶養関係を断ち切りたい場合は、「姻族関係終了届」という届けの提出が必要です。

 

これを提出すると配偶者の両親とは家族関係でなくなります。

 

若くして死別して未亡人になった女性は、義理親との関係もありますね。

 

財産や家、将来のことなど考えて良く考えて話し合ってから提出することをおススメします。

 

 

特に必要なければ、復氏届も分籍届も出しても出さなくても良いものです。

 

もし、その後に再婚するとしてもこの届は出す必要もありません。

 

名字や再婚に関しての知りたい内容があれば、役所に相談した方が良いですね。

 

子供がいて再婚のする場合の名字等、場合によっては家庭裁判所で手続きが必要になる事もあります。

 

養子縁組で名字が変わる時と言う事になりますので、手続きが必要になります。

 

若くして死別したら子供の戸籍はどうなるの?

 

ご自分の戸籍は届けを出すことで変わりますが、子供がいる方が気になるのはやはり子供の戸籍のことですね。

 

子供ももちろん個人の戸籍として持っています。

 

父親との死別では、戸籍は変わりません。

 

変わるとしたら、母親の再婚や名字が変わる時ですね。

 

若くして死別し、再婚をしないで名字が変わると言うのもあまりないですよね。

 

ですので、戸籍に関しては心配なことはまずはないですね。

 

ご自身の戸籍がもし変わったからといって、お子さんの戸籍が自動的に変わることはありません。

 

死別では、戸籍が変わる訳ではなく世帯主が自分になると言う事です。

 

夫の箇所に亡くなったことが記されて戸籍はそのままです。

 

それが再婚する場合だけ、ややっこしくなりお子さんの戸籍もしっかり届けを提出する必要があります。

 

抜くときは『氏の変更届』と『入籍届』が必要で家庭裁判所の許可が必要になります。

 

若くして死別後、子供のいる人は戸籍や名字もどうなるか心配ですよね。

 

当面、再婚と言う事は頭にないのが普通ですが、どこかの籍に新しく入らない限り戸籍はこのままで大丈夫なのです。

広告

関連ページ

夫が亡くなったらすぐにする手続きとは?どこから始める?
夫が亡くなったらまずやらなくてはいけない事は? 手続きもたくさんありますね。 入院していたら病院との手続きや保険関係、役所関係などたくさんあります。 まずは葬儀屋さんと相談して打ち合わせをし、少しずづ手続きを進めていくと良いですね。
葬儀に必要なもの、何を用意?いくらかかる?
亡くなった後にしなくてはいけない手続きや、葬儀の準備、必要なものなどの情報を書いています。 どんな種類の葬式があるのか? いくらくらいで出来るのか気になったことを書いています。
葬儀・葬送の準備の前にやらなくてはいけない3つのこと
亡くなった人を送る前に決めなくてはならないことがあります。 どこの葬儀屋に決めるか? 安置はどこにするか? 宗教によっても葬儀の仕方は違ってくるなどに触れています。
葬儀後の手続き各種を期日までにやっておこう
葬儀後の手続きは期限までにやっておくと言う決まりがあります。 書類によって期日は違いますが、相続人すべての印鑑証明が必要となったり、印鑑が必要になる事も多いのです。 滞りなく済むよう、手帳などにいついつまでにこの手続きはやっておくと言うようなメモをしておくと安心ですね。
遺産相続の費用や順序、必要な書類は?
遺産相続にもお金がかかります。 自分たちで上手に遺産を分けることが出来たら良いのですが、中々そうもいかないことも多いのです。 そんな場合は間に法律家を入れてスムーズに遺産分割をすると良いですね。 必要な書類やどこに届けたら良いか、どうやって進めていいかなど頭に入れながら事を進めていけると良いですね。
葬儀が終わったら遺族厚生年金の請求を速やかに
夫が亡くなって葬儀が済んだら遺族年金の手続きを早めにします。 未亡人になって、名義変更と共に遺族年金の請求も大事です。 初めてのことであってもすぐにあわてないようにその時を迎える心の準備などを記しています。 葬儀にはどんなものが必要で、何から始めたら良いかなどに触れています。
葬儀後、49日(喪明け)法要までにやらなくてはいけないこと
葬儀のあと、49日法要までに済ませておきたいこをスムーズに行くようチェック項目を調べました。 仏壇をどうするかなど、自分一人で決められないこともあります。そのあたりを含めて書いています。
位牌選びと仏壇購入、いくらするの?どんなものがあるの?
葬儀が終わって、次は位牌を選んだり、仏壇を選んだりしますが、いくらくらいのものがあるか、どんな大きさのものがあるかと言った内容に触れています。 各家庭の雰囲気に合った仏壇選び等について書いています。
永代供養墓の費用相場は?はじめてのお墓選び
お墓はいくつか形態がありますが、その中でも最近多くなりつつある永代供養のお墓。 今の生活環境で、どうしてもお墓を持つことが出来ない場合など、安価で管理してもらえる永代供養のお墓の説明をしています。
夫が亡くなった後、遺族年金いくらもらえる?生活費は足りる?
夫が亡くなった場合、遺族年金が妻に支給されます。遺族年金で生活できるかどうかは、夫の掛けていた年数と収入に応じて決まります。その他、生命保険が降りるかどうかでも変わってきます。未亡人になった場合の収入の増やし方に触れています。
若い未亡人の悲しみの乗り越え方と遺族年金
若い未亡人の悲しみの乗り越え方は?人やペットとの温かさに触れていると少しは気持ちが落ち着きます。子供がいるかいないかの違いでも精神状態や気の張り方は違って来ます。遺族内科と言うクリニックにかかるのも一つです。また若い未亡人は遺族年金が30代未満だと5年間しか出ないと言うこともありますので、結婚したらすぐに保険も考えておきましょう。
夫と死別後の義理親介護とその後の人生
夫の親と同居していた場合、夫と死別した後はどうしますか?未亡人になった女性の年齢や物理的なものによります。そのまま同居するか、もう夫の親とは疎遠になってしまうのか。若い未亡人の場合は再婚などの再出発もあります。子供がいるかどうかでも夫の親と同居するかどうかが変わってきます。
若くして死別した後の恋愛はどうする?
若くして死別した場合、恋愛や再婚はどうしますか?遺族年金の問題もありますからそう簡単に決心はつきませんよね。でも、若い未亡人は人生もこれから。人生の再出発が出来る年齢なら新しい恋愛に賭けても良いのではないでしょうか?籍を入れる場合はやはり少々、慎重に。
夫が自営業で突然未亡人になった妻の悲しみと苦しみ
自営業の夫が病気で急になくなった場合の妻の悲しみと苦しみは計り知れないものがあります。精神的なものの他に、、毎日の生活もあります。まさかという思いが何も保証というものを用意していなかった場合、どれだけ妻が路頭に迷うか・・・そんな46歳の未亡人の体験談です。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活