夫が自営業で突然未亡人になった妻

夫が自営業で突然未亡人になった妻の悲しみと苦しみ

46歳で夫を亡くした未亡人のお話しです。

 

この女性はご主人が自営業、その場合は国民年金です。

 

その時未亡人になった妻は国民年金ゆえ、遺族年金は一時金しか入りません。

 

悲しみと現実は突然やってきます。

 

夫が自営業で突然未亡人になった妻の悲しみと苦しみについて。

 

こちらから体験談です。

 

私は46歳の時に主人を亡くしました。

 

ある日主人は調子が悪くなりお腹が張り食事が取れなくなってきて病院へ。

 

そこからまさかの現実が待ってました。

 

自営業の場合のもしもの準備

 

何の心構えも無くその日に即入院でした。

 

そして世界中で治療法も治療薬も無い特殊な病だと言われました。

 

入院してひと月後眠るように逝ってしまいました。

 

それまで病気一つした事のない人でしたから、自分がもしもの後の事はなにも用意していなかったのです。

 

生命保険も何も入っておらず、何の保証もありませんでした。

 

遺族年金も私の場合は数万円が一時金として払われただけです。

 

どれだけ調べてもそれ以上何もありませんでした。

 

詳しくは分かりませんが私たち夫婦は自営業だったからだと思います。

 

 

自営の方たちは自分たちでしっかりと色々な保証の事を考えておいた方がいいと思いました。

 

これからの生活のために。

 

未亡人としての毎日と住む家

 

私たちは大きくて古い一軒家の借家住まいで、工場もあります。

 

その大きな家に子供のいない私一人で住み続けるのは無理だと判断しアパートに引っ越しました。

 

毎日泣きながら長年暮らした家の片づけをし、主人の物を捨てたり少しづつ一人で頑張っていました。

 

ゆっくり悲しんでもいられず、でもひどく孤独で寂しくて一番いやな作業でした。

 

二人で生きてきた証が無くなって行くようで。

 

ほんとに一人になったんだと確認する作業のようで苦しかったですね。

 

工場の方も片付けなければならず、そりゃもう片付けは大変でした。

 

大きな機械などもありましたから周りの方に手伝ってもらいなんとか片付ける事が出来ました。

 

私の場合は住む場所も変わりました。

 

いっぺんに仕事も主人とともになくしてしまいました。

 

ずっと自営でしたからその片づけなどに時間がかかり、まだ自分の進む道を見つけられていません。

 

少ない貯金を崩しながら生活しています。

 

どう生きていったらいいのか今も不安しかありません。

 

 

未亡人になって気がつくこと

 

46歳で未亡人になったこちらの女性はご主人が自営業ゆえ、保証は何もありませんでした。

 

突然のご主人の病であっという間に亡くなってしまいました。

 

ふと考えてみると遺族年金は一時金しかおりないということに改めて気がついたようです。

 

そこには、まさか夫がこんなに早く亡くなるなんて!

 

歳をとってもずっと仕事をやっていくはずだと思っていたのに。

 

皆、そうなんです。

 

まさかうちの夫が急に病気になってあっという間に亡くなるなんてことは、想定外でしか思っていませんから。

 

でもその想定外のことが現実にやってきて若い未亡人もいます。

 

自営業の場合は、こちらの女性のように遺族年金は子供がいないため国民年金は一時金のみ。

 

65歳になって初めて6万5千円の年金が貰えるまではなんとか繋げなくてはなりません。

 

生命保険を準備していれば・・・

 

家を買っていたら・・・

 

何もなければ本当に大変です。

 

今までの生活が一変。

 

専業主婦だった妻も、どこからも収入が入ってこないとなると働かなければなりません。

 

私の知り合いでも、自営でご主人があっという間に病魔に侵されて残された友人はフルで働くようになりました。

 

自営業こそ、もしものときのことを考え妻の生活を保証するだけの支えになるものを考えなくては。

 

未亡人になった妻は悲しんでばかりはいられず、生活もあります。

 

個人的な保険などの保証もかなり大事なのです。

 

自営業で国民年金のみしか出ない場合は、もしものときに未亡人になった妻はかなり悲しんでばかりはいられないのです。

 

 

 

 

 

広告

関連ページ

夫が亡くなったらすぐにする手続きとは?どこから始める?
夫が亡くなったらまずやらなくてはいけない事は? 手続きもたくさんありますね。 入院していたら病院との手続きや保険関係、役所関係などたくさんあります。 まずは葬儀屋さんと相談して打ち合わせをし、少しずづ手続きを進めていくと良いですね。
葬儀に必要なもの、何を用意?いくらかかる?
亡くなった後にしなくてはいけない手続きや、葬儀の準備、必要なものなどの情報を書いています。 どんな種類の葬式があるのか? いくらくらいで出来るのか気になったことを書いています。
葬儀・葬送の準備の前にやらなくてはいけない3つのこと
亡くなった人を送る前に決めなくてはならないことがあります。 どこの葬儀屋に決めるか? 安置はどこにするか? 宗教によっても葬儀の仕方は違ってくるなどに触れています。
葬儀後の手続き各種を期日までにやっておこう
葬儀後の手続きは期限までにやっておくと言う決まりがあります。 書類によって期日は違いますが、相続人すべての印鑑証明が必要となったり、印鑑が必要になる事も多いのです。 滞りなく済むよう、手帳などにいついつまでにこの手続きはやっておくと言うようなメモをしておくと安心ですね。
遺産相続の費用や順序、必要な書類は?
遺産相続にもお金がかかります。 自分たちで上手に遺産を分けることが出来たら良いのですが、中々そうもいかないことも多いのです。 そんな場合は間に法律家を入れてスムーズに遺産分割をすると良いですね。 必要な書類やどこに届けたら良いか、どうやって進めていいかなど頭に入れながら事を進めていけると良いですね。
葬儀が終わったら遺族厚生年金の請求を速やかに
夫が亡くなって葬儀が済んだら遺族年金の手続きを早めにします。 未亡人になって、名義変更と共に遺族年金の請求も大事です。 初めてのことであってもすぐにあわてないようにその時を迎える心の準備などを記しています。 葬儀にはどんなものが必要で、何から始めたら良いかなどに触れています。
葬儀後、49日(喪明け)法要までにやらなくてはいけないこと
葬儀のあと、49日法要までに済ませておきたいこをスムーズに行くようチェック項目を調べました。 仏壇をどうするかなど、自分一人で決められないこともあります。そのあたりを含めて書いています。
位牌選びと仏壇購入、いくらするの?どんなものがあるの?
葬儀が終わって、次は位牌を選んだり、仏壇を選んだりしますが、いくらくらいのものがあるか、どんな大きさのものがあるかと言った内容に触れています。 各家庭の雰囲気に合った仏壇選び等について書いています。
永代供養墓の費用相場は?はじめてのお墓選び
お墓はいくつか形態がありますが、その中でも最近多くなりつつある永代供養のお墓。 今の生活環境で、どうしてもお墓を持つことが出来ない場合など、安価で管理してもらえる永代供養のお墓の説明をしています。
夫が亡くなった後、遺族年金いくらもらえる?生活費は足りる?
夫が亡くなった場合、遺族年金が妻に支給されます。遺族年金で生活できるかどうかは、夫の掛けていた年数と収入に応じて決まります。その他、生命保険が降りるかどうかでも変わってきます。未亡人になった場合の収入の増やし方に触れています。
若い未亡人の悲しみの乗り越え方と遺族年金
若い未亡人の悲しみの乗り越え方は?人やペットとの温かさに触れていると少しは気持ちが落ち着きます。子供がいるかいないかの違いでも精神状態や気の張り方は違って来ます。遺族内科と言うクリニックにかかるのも一つです。また若い未亡人は遺族年金が30代未満だと5年間しか出ないと言うこともありますので、結婚したらすぐに保険も考えておきましょう。
夫と死別後の義理親介護とその後の人生
夫の親と同居していた場合、夫と死別した後はどうしますか?未亡人になった女性の年齢や物理的なものによります。そのまま同居するか、もう夫の親とは疎遠になってしまうのか。若い未亡人の場合は再婚などの再出発もあります。子供がいるかどうかでも夫の親と同居するかどうかが変わってきます。
若くして死別した後の自分と子供の名字や戸籍はどうする?
若くして死別後、自分と子供の戸籍や名字がどうなるのか心配になったと言う人もいるかと思います。基本的に何もしなくて大丈夫です。変えなくてはならないのは、再婚した時だけです。その他に夫の親と扶養関係継続しない等、場合によっては手続きが必要になります。
若くして死別した後の恋愛はどうする?
若くして死別した場合、恋愛や再婚はどうしますか?遺族年金の問題もありますからそう簡単に決心はつきませんよね。でも、若い未亡人は人生もこれから。人生の再出発が出来る年齢なら新しい恋愛に賭けても良いのではないでしょうか?籍を入れる場合はやはり少々、慎重に。

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活