おひとり様の食卓はいくらかかるの?お弁当を作ると安い?

おひとり様の食卓はいくらかかるの?お弁当を作ると安い?

 

食べることは生きる事

 

食事は日常生活で一番大切なことですよね。

 

栄養豊富で見た目も綺麗で、材料費を節約して作りたいと考えますが、思い通りにはいかない日もあります。

 

1人暮らしの食卓に並べる「おひとり様」分の食事代はいくらかかるのでしょうか?

 

タンパク質、ビタミン、ミネラルを忘れずに食卓に並べましょう。

 

おひとり様の食卓は栄養バランスを考えずにエネルギー量「カロリー」のみに焦点を当てますと安くできます。

 

ご飯や麺類、パンで済ませると1食当たり¥250円前後で事足りますが、健康を維持できません。

 

タンパク質やビタミン、ミネラルをバランスよく摂取できる食事は、そんなに安くはできません。

 

タンパク質としては比較的安価な鳥肉や豚肉、豆類、豆腐や油揚げに緑黄色野菜(ほうれん草など)を加えて、栄養バランスが良くて綺麗な食卓にしましょう。

 

たとえば夕食、焼き魚(鮭 1切れ)100円、豚ロースの生姜焼き100gで100円、ご飯100g(35円)、豆腐と海藻の味噌汁(40円)、小松菜のおひたし(50円)、もやしの卵とじ(40円)、デザートにリンゴ半分(50円)、締めて¥415円になります。

 

◆おひとり様用のお弁当は安くできます

 

ご飯100g(35円)、卵焼き(卵2ケで50円)、ウインナソーセージ2本(50円)、サラダ(キャベツ、きゅうり、ニンジン、ピーマン、100円)、ほうれん草のおひたし(70円)。

 

材料費合計で¥305円です。

 

おひとり様 食卓,お弁当 安い,

 

光熱費や人件費は含まれていませんが、やはりお弁当を作った方が安上がりです。

 

ここで材料費としてお米の安さが際立っていることが、改めて分かります。

 

お弁当に昆布おにぎり1つ、梅干しおにぎり1つ、各100gで卵焼き(卵2ケ)を入れても、「おにぎり」お弁当代は¥150円程度で済みます。

 

ただし、おにぎりでは栄養バランスは良くありませんので、おひとり様が忙しい時の緊急避難お弁当と考えて、毎日はいけません。

 

◆材料の買い出しを工夫しましょう

 

食材の買い出しと冷凍技術で、お安く食材を手に入れれば、より安く豪華な食卓にできるでしょう。

 

改めて計算をしてみるとおひとり様の食卓の工夫次第で安くくなり、お弁当を作ると更に節約が出来ますね。

広告

関連ページ

おひとり様の食卓、ランチ、お弁当
年代別のおひとり様の食卓について。 家庭ではおひとり様ではない人も普段一人で食事をする時のランチの内容や値段。 だいぶ年代によって食事の内容も違ってきます。 また食べる好みも若い人とシニア世代に近くなってくると変化が出てきます。
おひとり様のランチ、いくらまでなら出す
おひとり様のランチはいくら位平均なのでしょうね。 女性は一人ランチの時はただ食べるだけですので、節約をし、友人とおしゃべりをする時にはうんと豪華にしたり、メリハリをつけていたりしています。 男性は夜のようにアルコール入らなければ割とお金のかからないランチで済んでいるようです。
おひとり様のお弁当、作るとどれくらい節約できるの?
おひとり様のお弁当は作ってみるとかなり節約できることがわかりました。 同じメニューを外食で頼むのとは半額近くも違ってきてします。 毎日お弁当を作ると年間でかなりの姓艶句が出来ることがわかります。 早起きしてお弁当を作るか、時間をたっぷり残しておくか考え方の違いですね。
おひとり様のダイエット弁当、ランチの食べ方
おひとり様のダイエット弁当やランチの食べ方を工夫して痩せることも可能です。 自分でお弁当を作る時にお弁当の中身を考えたり、外食ではご飯を残すなどしてエステサロンに行かなくてもダイエットは出来そうです。
おひとり様が二日酔いしないためには?
おひとり様で、飲み会を誘われると中々断れませんよね。 どうしてもアルコールがダメな人はソフトドリンクで良いけど、適度に飲めてしまう人は翌朝の二日酔いがけっこうきついものです。 果物や、牛乳を飲んで前もって悪酔いを防ぐ人もいるようです。 二日酔い対策おひとり様の場合は?

トップ プロフィール 良く当たる占い 美容とダイエット&結婚 お得な生活